Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51yr29yf6cl

華麗な技巧・文体で知られるエリスンの、ヒューゴー賞&ネビュラ賞受賞作をはじめ、代表作を精選した待望の日本オリジナル短篇集 続き

コメント

エリスン3冊目のアンソロジー。枠にはまらない作家と書くと簡単だけどそれだけの腕力があらからこそなのだろう。優れた作家はみんなそうなんだろうけど。
表題作の「死の鳥」や「『悔い改めよ、ハーレクイン』とチクタクマンは言った」などSFらしさのあるものから「ソフト・モンキー」のようなちと後ろめたい読後感を残すものまで幅広いが、そこに込められた思想というか思念は相当にソリッドで、強烈な否!という声が聞こえてきそう。短編は好きだが雑誌買ってまで読まない人間にはアンソロジーはとても助かる。選者の好みも含まれてるのかもしれないがそうした選択の面白さなりつまらなさもアンソロジーの妙味ってとこ。

その他のコメント

読者

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c53de11f42 7975 44f5 9713 a94292e9829c0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e79342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd583 4人

ハーラン・エリスンの本

515vtky1nfl

ヒトラーの描いた薔薇 ハーラン・エリスン

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

いわゆるSFの枠に収まらない作家、ハーラン・エリスンの日本版オリジナル短編集。これが2冊目のようだが1冊めは未読。「世界の中心で愛を叫んだけもの」なんかと同じく、世界そのものの、あるいは人間社会の不条理への怒りというか憤りが行間からあふれでてくる。ここに納められたいくつかの短編はSFというよりはファンタジー(と言ってもダークな)のトッピングをまぶしてはあるものの、人間の狭量さをえぐり出すような告発があるが(なかでも「バシリスク」がむごたらしさ的には逸品)、返す刀で神や宇宙のような、人間を作り出しておきながら無関心な存在をも袈裟懸けに切り捨てる。坂口安吾だったと思うが、広隆寺の弥勒のあまりによく知られた謎の笑みを邪悪な笑みと評していたが、エリスンもあの笑みに秘められた邪悪さを読み取ることができる作家なのだろう。

4か月前