61f3leuquyl

大阪の街を地政学的に俯瞰し考察したあの名著への、地元・大阪からのナナメ45°のオマージュ。 褐色のソースが映し出す、下町の味の記憶と人間味あふれる情景へ、... 続き

コメント

関西、京阪神のお好み焼き屋さん、串カツ屋さんとソースを作っている会社の紹介、お好み焼きや串カツの考察などが書かれている本。お店を淡々と紹介するだけではなく大阪、鶴橋や西九条、布施などのお店がある街の雰囲気を緻密にかつ砕けた感じの文章で紹介しつつ、街と一緒にお店を紹介するという手口、やるなと。街に詳しい人の話を聴きながらお店に向かう感じが本の中にあります。もちろんお店の紹介部分も観ていて気持ちが盛りあがります。ソースを作っている会社も大きい会社だけでなく家族でやってそうな小さな会社も紹介。パラパラ観ているだけでソース、お好み焼き、串カツの世界に浸れる本 。

読者

Picture413983b4 5bbc 4fb2 a277 02f3d0f22de4E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 3人

新刊

Aではない君と

Aではない君と

9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf

morganfield

福岡市のおっさん。 音楽好き

2018.06.20 我が子が犯した殺人という罪と向き合う親。殺人を犯した我が子と向き合う親。重い。

約1時間前

Ac8c1827 bcdf 4f20 9f45 4da1f40a55191f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc565850b85626e bc23 4e2b ad3b 5dc873d552f2 21
さよなら、ぼくらの千代商店

さよなら、ぼくらの千代商店

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7

さるとびさすけ

元パート書店員

タイトルにある千代商店は駄菓子屋さん。 子供ながらに色々な事情を抱え、歩みが止まりそうになる時、千代商店への道が開く。 それぞれのエピソードはすぐ読めて私は必ず泣けた。大人の涙活にもオススメ。 千代商店が無い現代、子供は何処で泣くんだろう。

約6時間前

よるのふくらみ

よるのふくらみ

C10775e3 cc6f 41e5 9c86 dec6d0a31299

うえにしゆか

糸と苔とお酒とパンと靴下…がすき…

日常に溶け込んでいて、みんなどこかで感じているであろう事が広がっている。許してあげたいけど、許せない事のもどかしさとか考え出すと止まらなくなる感情が生々しい。

約11時間前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aefB66161c7 c6fc 47d8 9359 febfe3239071A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f 42
ギケイキ: 千年の流転

ギケイキ: 千年の流転

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/06/20 読了 町田康の『義経記』なので、予想はしていたものの、いきなり「ハルク・ホーガン(判官)」とは、ぶっ飛び過ぎ(^o^) 『義経記』そのものを読んでいないので原典との対比ができないのが辛いけど、『宇治拾遺物語』のように超絶面白い。@shugyosha 第2巻が楽しみ

約12時間前