Btn appstore Btn googleplay
51tq1lvrmml

重い腎臓病を抱えつつ将棋界に入門、名人を目指し最高峰リーグ「A級」で奮闘のさなか生涯を終えた天才棋士、村山聖。名人への夢に手をかけ、果たせず倒れた“怪童”... 続き

コメント

タイトル通り彼が「青春」を謳歌出来たのは、森信雄との稀有な師弟関係があったからだと思う。
羽生や谷川の天才性と異なり村山聖のそれは彼の死生観とダイレクトにつながっていて、手塚治虫と水木しげるの違いを思わせた。

その他のコメント

映画を先に見てから、読みました。人間の哀しさと素晴らしさを感じます。命を宿す身として、どうか我が子が、主人公の村山聖のように、自らの生を、自分なりに全うできますようにと祈りたくなりました。

大崎善生の『編集者T君の謎』と『将棋の子』を読んでいたので、棋士について真摯に書かれてるんだろうなと思いつつ、実際にとても丁寧に書かれていて、久しぶりに一気に読了しました。良い小説です。

読者

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09fY es4n88 normalIcon user placeholderIcon user placeholderC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7439bcb89 305d 4229 8bd4 7c8a9644bbc1D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9Icon user placeholder 34人

大崎善生の本

角川つばさ文庫版 聖の青春 病気と戦いながら将棋日本一をめざした少年

角川つばさ文庫版 聖の青春 病気と戦いながら将棋日本一をめざした少年

2c296dad f582 43ea 9d9b 0bd7a6294950

史緒

無節操に何でも読みます。

イラストが可愛いという理由だけで角川つばさ文庫版を購入。 村山聖という棋士の人生は「驚きものの木20世紀」の頃からずっと頭の隅っこに存在していた。 勝手な想像だが彼にとって名人はもうどうでもよかったのかもしれない。 「僕は谷川さんや羽生さんに立ち向かう僕が好きなんです」とか天国から言ってそうな気がする。

6か月前

エンプティスター

エンプティスター

3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a0

おなかすいた

2019から、とりあへずマイペー…

3部作を完読。個人的には1作目が最高だけど、この3作目もよかった。最後の総括りで、かつ一作目に繋がるところが好き。内面の表現が複雑、組織との絡みは雑な気もするし、山崎が冷たく感じなくもない、そして、どう着地させるのか不安だったけど、引き込まれたし、最後の終わり方は見事だった。

約2年前

聖の青春

聖の青春

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

「東の羽生と西の村山」。そう評された天才棋士村山聖。その純粋さゆえ皆に愛され、難病と闘いながらも名人になるという夢に挑戦し続けた生涯を描く。 聖が勝ち続けていく様を読んでいて嬉しくなる一方で、彼の夢を阻むように立ちはだかる病魔が何とも切なかった。とはいえ、常に死を意識し続けたからこそ、彼は命を賭けて将棋を指せたのかもしれない。それでも彼が健康で、今も生き続けていたら思わずにいられない、非常に魅力的な人物だった。

4年前

孤独か、それに等しいもの

孤独か、それに等しいもの

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

ため息といき

本と映画と旅がすきです

久しぶりに大崎善生を読んだ、「恋をして結婚をして子供を作り、人間がそうやって何かに向かって登攀していく生き物なのだとしたら、いったいどこがその頂点となるのだろう」 「だらだらとこの坂道を下っていこう」の二行目。『パイロットフィッシュ』の書き出し数行のぐさっと来る感じを思い出す、どの作品もこうなのだろうか

約5年前