Btn appstore Btn googleplay
41mfgnsxzvl

A4の紙に1件1ページで書く。ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。それ... 続き

コメント

アプローチが面白い。
シンプルでやりやすい感じはするが、
シンプルゆえに続けることが一番難しい気もする。

その他のコメント

良い事書いてるんだけど、同じような事を繰り返して綴ってるイメージ。
もう少し薄くて伝えられたんじゃ無いかな。
ただ内容としては役に立つ事を書いてる。

頭ん中を言語化したいと思い続けてはや数十年。世の中には色々なメソッドがある中で、続いたためしがなかったけどもこの0秒思考はしのごの言わずにやれるシンプルさが魅力で今すぐやりたいと思うメソッドだ。がんじがらめになった気持ちの整理にもスッキリ効果的とのことで続けたいと思う。A4紙に書くのがいいという主張が一貫しているが本が出版された頃はiPad ProもApple Pencilもなかったけど、今はそれらで代用してもスピード感は損なわれないしエコかつ省スペースで良いかなと思う。紙の方が気持ちよさそうだけど。

読者

Sdp kxrj normalIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder49ebecb5 406b 49a2 b510 44c155460869484b4b5d 2663 48f3 b6fa 727b6472da25F1ad454c 6f2c 497f b9e6 d1cdbb0a486eAb54d8fb 65f2 4053 bba9 8cc23db7f30e 71人

赤羽雄二の本

なぜ、できる人は忙しくても本を読めるのか 限られた時間で最大限の効果を得る読書術

なぜ、できる人は忙しくても本を読めるのか 限られた時間で最大限の効果を得る読書術

Ccb9d0c5 e74e 4669 a53b 5eeb5a59a8e6

まぁきゅん

大学生だよ〜

「その読書、受け身なんちゃうの?」 本は読みたいけど忙しい、読んでもすぐに忘れてしまうといった受け身な読書をしてしまいがち。 読書を実りあるものにするには、いかに纏まった時間を作り、いかに行動に活かしていくか、つまり「攻めの読書」をする必要がある。 この「攻めの読書」を習慣付けるための方法を、あの激務で知られるマッキンゼーに勤めていた著者の体験談をもとに紹介されている。(マッキンゼーがどんだけしんどいんか知らんのやけどな) 以下感想 最近、改めて読書に力を入れようと考え出したのと同時に、ついダラダラ読んでしまう自分の読書スタイルをええ感じに変えれへんもんかと。 そんな時にこのタイトルを見つけ、これはと。今後の指針にでもなればなぁと。 実際に読んでみると、行動するための読書を勧めているだけあって、読者をいかに行動させ、読者に攻めの読書を習慣化させるかという事に力を入れていたように感じた。 こういった類の本はそういうもんやと言われればそれまでであるが、私としては著者の本や読書に対する考え方をもっと聞きたかったように思う。そのため、序盤の読書のメリットで挙げられている作者の「心のひだ」に触れることがリーダーとしての素質を養うといった内容はとても興味深かったが、この本のピークでもあった。

4年前

5467e7f5 8af3 4aef 8246 8496bea6d507Icon user placeholderIcon user placeholder 11