51g32tfubkl

たけしがたどりついた“究極の愛”。狂暴なまでに純粋な、書下ろし恋愛小説。「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」すべてがデジタル化する世... 続き

コメント

今の時代 簡単に連絡を取り合える人間関係は 便利な分 悩んだり心配したり心の葛藤がないと 本文の中にあって 確かにそうかもしれない
携帯がない時代の恋愛がいかに不便なものか 作中の2人は携帯があるにもかかわらず 連絡先を交換してない中での約束だから 体験して理解できたのではと思う
そんな2人が再会出来たのは やっぱり縁でしょうか

その他のコメント

短めの映画を観ているような感じ。情景が次々と眼に浮かぶ描写。ビートたけしさん、もっと小説たくさん書いて欲しい!

今はいつでもどこでも連絡をとろうと思えばとれる時代だけど、あえてそういうものに頼らなかった2人。でも、2人はちゃんと思い合っていて、こんな関係いいなって思いました。そして悟と山下と高木の関係もすごくいい。こういうのを男同士の友情っていうのかな。

読者

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74Icon user placeholderIcon user placeholderA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087b37fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4fe8999a782 18c5 4fdc ba2b c315142ed106769c27c6 8f20 47db a039 3bc74001915034f0bb50 d368 4418 bbe0 8f067711b570 63人

ビートたけしの本

裸の王様

裸の王様

8b21d536 8a5d 457e ae55 24cd1f5026d4

marz

漱石→三島→小林→聖書

「何でも環境のせいにするのと、心の病を喧伝するのとは同じことなんだよ。それは、競争から降りた奴、降りたい奴、負けた奴の論理だと言ってもいい。バブルがはじけた後、競争から降りる時に、何かもっともらしい理屈が必要になったということなんじゃないか。」 周囲に流されないために、孤立を恐れない確かな信念を持ちたい。状況の分析や、実態把握で立ち止まらないために『自分の居場所』で動き続けるべし!

1年前

ツーアート

ツーアート

F703405e d7a4 4ba7 b2cd 8748d5ea8d2b

Yamamoto Tako/ 山本蛸

26さいデザイナー パンクロック…

読みやすい。村上隆の著作(芸術起業論など)ほど詳細にアートを語るわけではないけれど、おおこれは!っていうフレーズはいくつか。戦略的にアートを作ってるように見える村上氏が、この本ではわりと純粋めいたことを言ってて、いいなあ、と思う。ビートたけしはやはりかっこいい。粋。

2年前