Btn appstore Btn googleplay
51akvkh6sfl

コメント

10年ぶりに読み返したら新しい発見がたくさんあった。
童話でありながら大人が読んでも様々な解釈ができ議論が尽きない、紛れも無い名作。

なぜジョバンニは帰ってこられたのか、ほんたうの幸いとは何なのか。
死の間際まで賢治が推敲を重ねていたこの作品は永遠の未完作と言える。
そして、その未完の空白にこそこの作品の永遠の生命が宿っているような気がする。

その他のコメント

作者の創造性に驚かされる作品。
死出の旅を神秘的に描いている。
「死んだら星になる」
ー誰もが聞いたことのある迷信だが誰も行ったことのない未知の世界の話。
満天の群星を見て作者は何を感じ、何を思ったのだろう。
そんなことも読者に想像させる作品の世界観が素晴らしい。
文体も主人公や登場人物の年齢に合わせて不自然で機知に富んでいる。
心地よく不思議な余韻が残る作品である。

言わずもがな、名作。

読者

22e36666 c93e 4ffc a7b0 629d6e18e4cd56f1a9cc 4b48 48f7 b4f8 73ef04ab47552f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb573299ca f199 4081 8005 182329ae072c03486de8 1224 4e94 8395 860f495c8f236fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d7375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a0A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c 17人

宮沢賢治の本

ますむら・ひろし宮沢賢治選集 2 銀河鉄道の夜

ますむら・ひろし宮沢賢治選集 2 銀河鉄道の夜

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

アニメで観たことがあって、その記憶があまりにも断片的すぎて手を伸ばした一冊。 アタゴオル好きはもちろん楽しめる。アタゴオルの世界のすぐ近くの別の世界のように読めて、ほくほく。

2年前