Btn appstore Btn googleplay
41cfrx5unal

場所・もの・情報の「共有」で何が変わり、生まれるのか。最前線の起業家やクリエイターが、シェアオフィス、ファブ・ラボ、SNS 活用等、実践を語る。新しいビジ... 続き

コメント

すでに真っ只中の人口縮小社会において、シェアは必然的な考えとなって来ています。

行政は税金をなるべく使わず、市民が自主的に良い事業を始めてくれることを歓迎し、公共性を行政が担保してくれる時代は終わりに近づいて来ました。

地方でコミュニティは未だ守るべきものとしてありますが、ある程度の流動化は必要で、バランスの問題であり、持続性としてもリスクが減ります。シェアはリスクを軽減させるという手段です。

そんな興味深い議論が行われた5年前の記録です。

読者

2f501b5f 9d2b 4ce8 99ba 623e2cb4dd7e5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a843724819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d 3人

社会

プロテスタンティズム - 宗教改革から現代政治まで

プロテスタンティズム - 宗教改革から現代政治まで

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

現在の西欧中心の世界の成立に大きく関与しているはずなのにプロテスタンティズムについてちゃんとわかっていなかった反省があって…かと言ってマックス・ヴェーバーなんか読んでもちんぷんかんぷんだろうし…と思っていたら図書館にこの本があったので。自分の従来の理解では金儲けに走ったカトリックに対してルターが立ち上がりプロテスタントという宗派ができてプロテスタントが盛んな国では資本主義も盛んになった、という大雑把なものでこれがかなり間違っていることに気付かされた。つまりルターやスイスのカルヴァンが目指したのはあくまでカトリックの改革であって宗派を作ることではなかった、そしてこれらは言わば古プロテスタンティズムであって更に新プロテスタンティズムがあると。識字率の悪い時代はとにかく教会の言うことに従っていれば天国にいける、という素朴な信仰が殆どであり悪名高い免罪符などの原因になったわけだが識字率の向上と印刷技術の発達によってプロテスタンティズムの聖書に帰れ、という運動の結果、解釈の相違によって様々な流派が誕生した。その中でも「予め救われる人間は神によって定められていて経済的に成功した人間は神に祝福されているのだから成功をめざすべき」という考えの一派が~つまりプロテスタンティズム全部ではない~資本主義の発展に寄与したという説明は特に腑に落ちた。西欧がなぜいまのようになったのか、について非常に分かりやすく説明されていてものすごく面白かった。カトリックの高校とプロテスタントの大学出てるのに今更で恥ずかしいけれども…。

1日前

Icon user placeholderB4856b69 197f 48b6 b93f 0f3bad37cf547cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
LIFE SHIFT

LIFE SHIFT

Icon user placeholder

hiroyuki-obata1222

今後の人生設計に影響を与えた本となっています。長いようで短い人生とどう向き合うかを考えさせて貰いました

11日前

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6Icon user placeholder5467e7f5 8af3 4aef 8246 8496bea6d507 224