Btn appstore Btn googleplay
51k5ban8ycl

恋におちるたびに、僕はいつもボロボロになってしまう-。作家として、ミュージシャンとして、数々の名作と伝説を残した中島らも。「よこしまな初恋」「性の地動説」... 続き

コメント

“全ての企ては頓挫する。
全ての船は沈むだろう。”
『恋するΩ病』

その他のコメント

若い頃大好きだった作家。
今では小説の登場人物よりもずっと年上になってしまったな。
らもさんは出会った時に思ってたよりもずっと、知的で大人な人でした。

読者

6b2930d4 4218 4e99 b026 43857e2a40c2002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b71D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eCbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a85446638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a219dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10 9人

中島らもの本

もうすぐ絶滅するという煙草について

もうすぐ絶滅するという煙草について

E78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eee

Mana

喫煙者の肩身がどんどん狭くなる昨今、改めて喫煙について考えてみようではありませんか。 煙草を喫むという行為には、その人なりの強いこだわりがあるようです。それを美学とするか、言い訳とするかで喫煙者と非喫煙者の争いが起きている気がしますが、大先生達が煙草を語ると「喫煙ってそんなに悪いことだっけ」という気持ちになるから不思議です。非喫煙化する社会への一言は、何だか世の中の真理が語られているようでした。 恐らく超・嫌煙家の人は、そもそもこういったテーマの本を手に取らないのではないかと思うと、なんだか損してるなと思います。

3か月前

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

約1年前

D46ed159 606e 4e18 a80f 863d702ef0faC715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe554839ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65 27