Btn appstore Btn googleplay
41f4kpt8mhl

他人の目を気にして、びくびくと生きている百合は、単純なミスがきっかけで会社をやめてしまう。発作的に旅立った離島のホテルで出会ったのはノーデリカシーなバーテ... 続き

コメント

2018年160冊目。

その他のコメント

あるところは私で、あるところは私に限りなく近かった。捻くれていて、天邪鬼で、めんどうな私だけど、いつかこうやって救われる日が来るといい。そんな風に思わせてくれる西さんは、近くて、偉大だ。

”自分で不幸になれるんやったら、自分でも幸せになれるんだ。”(巻末対談)

みんなそれぞれ過去や弱さを持ってるし葛藤し続けないといけない。自分からは逃げられないし、終わりはない。だからこそ、解決、というラストではなく、少しだけわかったという感じが、すごく心地いい。

読者

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c96851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44bDd8a0aee 2079 4d2b 8b25 e07129582e1bIcon user placeholderE2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72E8544e6e 6c7d 4931 a811 55d40cf49dcbIcon user placeholder7fd07fb2 d2ab 48ab a625 010a924fbc77 99人

西加奈子の本

こうふく あかの

こうふく あかの

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

西加奈子さんはいつもあとがきがとっても良いと思う。自然で。あとがきを読んで初めてこうふく みどりのがあると知った。プロレスが好きではないが、読み進めることをやめられない。みどりの存在を知ったら読みたくて仕方ない。物語の内容云々より、読んで消化したい衝動に駆られる。

2か月前

F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c6160167225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e4888
(2-1)i

(2-1)i

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

ほぼ同い年。大学院に行ったところまで境遇が同じですごく親近感。自分の人生を振り返るようだった。そして、私は世界で起こっていることにはほぼ興味を持たず生きてきてしまったことを恥ずかしく思った。 西加奈子、やっぱり面白い。すごくすごくすごく力強い。作家として意識的で力強い。すごいなぁー。

11か月前

4611371b 40fe 41d6 ae6f dcc7779ff0e95efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f8bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e 28
まにまに

まにまに

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋から転職 書店員見習い中

なんで今まで読んでなかったんだ! と後悔するほどの面白さ ほんとそうだよねーと勝手に意気投合してしまう 「本のこと」で紹介されている本も気になっていたものばかり 大満足の一冊です

1年前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Qvbsav81 normal08a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de