21fxtylfg l

ヒトラー政権下600万ものユダヤ人を虐殺したドイツは、連合国の占領を経て1949年ドイツ連邦共和国として再生した。その前年、ホロコースト生存者らユダヤ人の... 続き

コメント

旧日本植民地の人々が「心からの反省」を求める時、具体的にそれは一体どういう状態なんだろうとよく思う。金ではない、気持ちだという人もいるが、ある一国の国民全てが一つの心を持つというのはありえない以上、やはり条約、立法、補償・賠償という政治によるカタチが必要になる。この本は、ドイツはこんなに素晴らしいのに日本はダメですね、という本ではない。例えば以外にもある方面への補償は2015年までされていない。ならば、今までされてきた補償とは、なぜどのようなリアルポリティクス(現実政治)でなされたのか。それは(西)ドイツの利益追求の過程でもあったことが明らかにされる。日本と違って早々に再軍備をし集団安保の中枢の座にも座るのだ。(一方で東独は全く熱心でなかった。)
一読して、やはりこの本から日本のこれからの政治が学ぶべきことはたくさんある。ただ、過ぎてしまった年月、地政学、相手国や国際状況を考えると、実行は全く簡単ではない。
一つヒントになりそうな点があるとすれば、ドイツは自国民の強制動員や戦争被害に対しても責任追及と補償を行なっていること。これが筋や法理の上でも現実政治の上でも、国際補償の遂行に大きな力となったように本書は読めた。最近、原爆手帳の交付が、二次被爆者や「韓国の被爆者」にもなされた。我々はそれを苦渋の被爆者運動と司法・行政の呼応の一つの形として安堵する事はあっても、反日運動による被害とは思わないだろう。ここに至るまでのリアルポリティクスを辿る事で、我々自身の戦後を否定的でなく他者と見直すことは、できないか。
ちなみにこのサムネイルは本扉の写真で、カバーはもっとカッコいいですよ。

読者

C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d

社会

中国の大問題

中国の大問題

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

misumi

30代

中国の労働者から富裕層、政治家まで 筆者の豊富な経験で具体的な現状を学べる(数年前のだが)

8日前

雑学うんちく図鑑

雑学うんちく図鑑

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

日々の生活にそんなに役には立たないけど、知ると、ちょっと得した気分になれる200の身近な雑学集。 「必ずしも役には立たないかもしれないのが雑学。でも、そんな無駄なことこそトコトン楽しむー それが、日々を豊かなものにしてくれる」に共感!

8日前

逃げられない世代 ――日本型「先送り」システムの限界

逃げられない世代 ――日本型「先送り」システムの限界

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

元通産省官僚による。社会保障と安全保障上の、それぞれについての問題提起。深刻な課題を認識していながら、政治家も官僚もどうして問題を先送りするのか。 選挙のために、目先の政策に囚われる政治家たち。数年ごとに異動するため、実績を出しやすい目先の施策に注力する官僚たち。 自分たちの生きている間だけ、なんとかなれば良いとする高齢者たち。 こうした構造を考えると、あまり良い未来は想像できないのだけど、最後は無理やりハッピーにまとめているのが違和感。その部分こそ、しっかり語って欲しかったのに。 歴史的な敬意を踏まえた、安全保障上論は分かりやすく興味深い。

18日前