Btn appstore Btn googleplay
51inw3w 40l

もう、嫌な仕事をするのはやめませんか。 会社辞めたい人、会社に入れなかった人、起業したけど失敗した人、アルバイトが続かない人……。 みんな、大丈夫で... 続き

コメント

読んでいて心地よい起業指南の本。無理をせず、できるだけリスクや負担が少ない状況を設定して起業する、お店を運営していくテクニックが書いてあります。著者の方は色々考え実践されているので本のタイトルにある「しょぼい起業」に重みを感じる。お店や起業をスタートするハードルは低くてもできると。お金を借りる、信用を作る、お客を集めるのも既存のやり方だけではなく今ならではのやり方もあることも色々と書いてある。著者の方はお金や名誉にそんなには執着していない感じ。しかし場を作る、まわすことには頭を相当使っている感じがする。そのあたりが僕がこの本に心地よさを感じた理由かも知れない。

その他のコメント

いつもやってる行為をお金に換える。
生活で日常でしてることを事業化する。
生活の資本化という発想が面白い。

誰かに支援してもらうにも、
何もせず、始める前に頼むのでなく、
まずは始めてから、足りないものだけを頼る方が、
支援を受けやすい。ってのも納得感ある。

ただ、、こういう低リスク起業も、支えているのはコミュニケーション力なのかと思うと、非コミュ的にはシンドい感じ。

えらいてんちょーのnoteで無料になっていたので、一気読みしてみた。なるほど、200ページ近い文章をネットで読むとこれくらいの手応えがあるのか、と、思った。

内容は、最初からあまり大きく賭けず、なるべくお金をかけず、融資を受けず、仕事も辞めずにやっていけば、運が良ければ人脈が育って、段々儲かるよ、ということだったと思う。

後半はphaさんと、借金玉さんの対談が掲載されているのですが、テーマに関連してるようでしていないような印象を受けました。

調べてみたところ、要町のバーエデンを作った方ということで、そのバーの名前はツイッターで聞いたことがあるので、ネットってのはすごい。

まあでもツイッターも長くやっているけれどフォロワー600くらいしか増えなかったので、自分にはキラキラ起業家は難しそうだなあ、、、

読者

96977a0d 62d9 4140 94c7 f1f8cc728dc2A3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f9351d7554d0 6037 403f aa09 3e83a132e729Icon user placeholder406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Default profile normal616e7612 a056 463a af8d b830a96b5d5c 57人

新刊

風に恋う

風に恋う

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476

安達竹男

台湾駐在12年目、一児の父

死ぬ時は、この本のことを思い出したい。

約13時間前

ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。

ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。

43ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb14

umeshuuta

紙でもkindleでもオーディオ…

自分も親になれる時が来たらこんな親になりたいな。大好きなゲーム「MOTHER2」に出てくる主人公ネスのパパとママもこんな感じ。子供をちゃんと1人の人格だと認めた上で、自分=大人の価値観で子供の行動を勝手に決めちゃったり、動かそうとしたりしない。親のゴールは子供の「自立」だから、親がいつかいなくなる時が来ても子供が1人で歩いて行けるように、自分が渡せる物を限りある時間で渡せるだけ渡したいって気持ちが伝わってくる。「嫌な人にどう対処したら良いか」の所は自分自身にとってもすごく参考になった。写真もとても素敵な1冊。

約16時間前

E8fdcb8b a482 4242 ab34 f54149af4b7cIcon user placeholder802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad832 42