Btn appstore Btn googleplay
516knkrsaml

母に捨てられた少年・宏助が知り合ったのは、謎多き中年画家・ローレンだった。宏助は彼を慕っていたが、やがてローレンは姿を消し生死不明となってしまう。  大学... 続き

コメント

過去と現在を宏助が繋ごうとした時。
沢山の光を集めたローレンを宏助は見つける事ができました。

しかしこれは、ファンタジーではないのです。
アダ名「ローレン」=「呂律の回らない男」の意味です。半分浮浪者のようです。
しかし、彼の描く「星降る家」は心惹かれる絵でした。
それぞれの孤独な魂が、呼び合うように出会う。それは、奇跡だと思います。

ローレンの言う光とはなんなんだろう。
私は具体的に言葉を見つけることが出来ません。
けれど、この物語を読み終えた今では、何となくわかった様な気がするのです。

読者

Icon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

北川恵海の本

ヒーローズ!!!

ヒーローズ!!!

00d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f

泡仔

舞台が好き。本が好き

倒れたおじいちゃん。26歳でフリーター。楽しくないコンビニバイト。将来への不安。何も知らない両親。騙し続ける自分… 主人公の状況に妙に共感できてわくわくした、笑 本当にこんな会社があったら素敵だね!でも本当にいい人間じゃないとボロが出るから私は無理だね! 真面目にコツコツやってみるかなー。

約4年前

D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f525e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616B7e3f342 9242 4f8f b632 9933b043d0a7 18