Btn appstore Btn googleplay
31bryhfpoxl

コメント

高校生の頃、辻村深月には何度も救われた。そんな気持ちはもう味わえないと思っていた。

でも、この本は大人のために書かれた、間違いなく大人のための青春小説だった。

一番心強かったのは、主人公が周りの言葉に流されないこと。勿論、人の言葉に揺らいでいたが、人の評価は所詮あてにならないということを示してもいた。

その他のコメント

何が正しい「傲慢」なのか、確かに傲慢だけれど。
プラスな言葉であるはずの「善良」の持つ意味。
この本の登場人物で一番嫌いな人と一番好きな人を選んでください。
そういう、質問があったらあなたは誰を選びますか?
誰の「傲慢」を許す事が出来て、
誰の「善良」を疎ましくおもいますか?
多分誰もが、いくつかの何かを思い出し、心が痛くなる作品です。

確かに恋愛小説だった。

日本的感情表出型家庭。

「隣のナントカさん家のホニャララちゃんはこうなのに・・」「親戚のあの子は大きい会社に就職して・・」「小学校の時のナントカちゃん、もう結婚して子供もいるんだって・・」

これは決して珍しいものではなく、実際にはよく見受けられる日本的家族コミュニケーションのカタチでもある。

このコミュニケーションの形は増えてもいないし減ってもいない。

しかし、終身雇用も年功序列型の昇給もなくなり、年金制度も概ね崩壊している替わり(?)に、FacebookやInstagramが存在する現代において、この家族神話だけは神聖にして不可侵であるようだ。

この神話の中で『普通に恋愛』(p.289)できなかった人たちは、『在庫処分のセールワゴン』(p.212)で自分にピッタリあう商品を探しているつもりが実際は長所と短所だの、履歴書(身上書)だのを作りつつ、浮かないようにと服装と髪色を周囲に合わせ、個性を出すべきか没個性を出すべきか悩んでいる間に自分が在庫処分ワゴンに載せられている。「増税前にどうぞ」なんて札もマジックで書かれてたりして。

そしてワゴンにいる事が恥ずかしいような、手にとってみて欲しいような、そもそもワゴン漁る客はこっちだったはずなのに・・なんて哀しくなる。

この哀しさはきっとアップデートされない神話によるものだろうし、この神話に生きる人たちは皆、『「皆さん、謙虚だし、自己評価が低い一方で、自己愛の方はとても強いんです。』(p.109)ということだろう。

アップデートされない神話のことを神々の黄昏と呼ぶとカッコイイよとワーグナーが昔言ったとか言わないとか。

いずれにしても傲慢さ、とは自己愛のことだろうし、善良さは愚鈍さのことで、どちらも日本人の性質である。

かつて土井健朗は、日本人のパーソナリティについて「甘えの構造」があると分析した。

結婚によって、『親に代わる依存先』(p.407)となる別の「イエ」に入るという事も「甘え」の力動によるものが大きかったのだろう。

しかし、それぞれがそれぞれの強固な家族神話を有し、『「自分の物語が強い』(p.136)と、少しづつ、コミュニケーションに、大切にしたい事、されたい事にズレが生じる。

主観と主観の狭間、間主観を共有できず、互いに知覚されている事実にズレがうまれ、なんで結婚したいのか、「70%の相手」でいいのかと考え始める。

この『傲慢と善良』の時代になぜ結婚するのか。

神話を再現するためか、先に結婚して孫ができたナントカちゃんをこれみよがしに羨ましがった両親をはじめとした周囲への仕返しのためだろうか。

『長い長い、人生で。出会いなんてなくて。この先、自分が一生一人かもしれないと不安に思って。周りから結婚していないことで何か思われていそうだと思って、どうにか、一人じゃなくなりたいと、結婚したい、人と付き合いたい、恋人がほしいと思っていたんだとしたら。
私のように。
ありえない、と蓋をする前に、ほんの少し、考えてみても、よかったんじゃないのか。』(p.381)

物語の最後の段階でようやく、主人公たちは「自分の意志」を示しはじめる。ここでようやく自己愛を乗り越え、他者と自分を理解し、赦し、『次の場所』(p.375)へ進む事ができたのだろう。

確かにこの物語は”恋愛”小説だった。

こんな事ばっかり考えてるから自分はいつまでも結婚できないんだろうな、と思うのは傲慢だろうか。

読者

73e4a064 7400 4434 a376 c09d434dec701df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fdBcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332b0a8261be d1bc 4543 bd01 f88e0ad6835bIcon user placeholderIcon user placeholder54651b51 dcdf 4611 9afb acfbaffad18364e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a 33人

辻村深月の本

きのうの影踏み

きのうの影踏み

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

13話からなる短編集 ホントに怖いのは幽霊やお化けでしょうか? 人間の妬みや嫉みが生み出すものの方がよっぽど怖いかもしれません

12日前

Icon user placeholder345a3cfb 0dc3 4591 91a5 dc5380e62d386af2776b 68c7 4860 ae3c 610e6086cbb0 29
朝が来る

朝が来る

5f4741db d474 4771 8211 03de2a3c7a0a

jun

osakaJAPAN 2020…

景色や建物の描写、空の色全てが目の前に広がっていて自分自身が経験しているような鮮明さで自然とこの物語に巻き込まれている感覚を覚えた。 登場人物は、どの人も事情を抱えているので誰も悪くない、気持ちも痛いほど分かるので読み進めていて胸が苦しくなる場面も出てきましたが相手を信じて思いやるってこういう事なんだなと改めて考えました。

2か月前

Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eE8544e6e 6c7d 4931 a811 55d40cf49dcb 45
ツナグ 想い人の心得

ツナグ 想い人の心得

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

死者と再びたった一度の邂逅 あると言えばある設定ながら、辻村さんが紡ぐと心がじんわり温まるとともに、日々をゆっくり振り返ることになる。 使者の歩美が ーあの人ならどうしただろうと、彼らから叱られることさえ望みながら、日々を続ける。(略)死者に会うことは、誰かの死を消費することと同義の、生きている人間の欺瞞なのではないか。けれど、死者ね目線に晒されることは、時として、人の行動を決める。見たことのない神様やお天道様を信じるよりも切実に、具体的な誰かに、見ていてほしいと願うー と問い直したこと 人の生き死にを大切に日々を過ごしたい。

4か月前

192e326e 9553 449c 8d20 cbd4c7398f9f0cd59b68 4677 47ce 9000 5da346bfa29bC715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe55483 8
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

タイトルってそういう事ね!どこにでも多少なりともある〜母娘の呪縛、女友達の格差意識、無意識であるが故の罪深き無関心。 大袈裟ではなくとも全て身の回りにある日常だからこそ、引き込まれた!田舎、都会の感覚差も納得。 赤ちゃんポストの善悪の意見で立場の違いも、う〜ん…今更ながら又考えてしまう。

4か月前

Edd515de d3cd 4ca3 a3f4 c074c72e80f4E019fb83 ece4 414b a533 b5c634b211a0Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332b 11