Btn appstore Btn googleplay
9784480436016

遠山町子は一家を支え健気に暮らす。そんな彼女に惹かれる男性が現れ幸せな結末かと思いきや、恋敵の横槍や父の思わぬ行動で物語は急展開する。 続き

コメント

0128
2019/07/31読了
今までに読んだ獅子文六作品の中で一番衝撃的…。
ドタバタ劇はいつものことだが、ハッピーエンド?なのか?ハッピーにならないなんて…。切ないままだった。
今だから戦争がどうなっていくかわかるけど、当時の人たちはどう考えていたんだろう?吉郎が軍需工場のことをさらっと話しているのをみるとドキッとする。
大団円でいいのかな〜?!というラスト。

読者

095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa855730023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 3人

獅子文六の本

海軍

海軍

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0203 2020/04/28読了 今は批判されるような内容だが、当時の人々の考え方、著者自身の考え方が分かる史料として価値がある小説。 真人と隆夫の人柄が好き。2人の友情は爽やかで読んでいて楽しい。鹿児島のお国訛りも楽しい。 軍人に対してこういうふうに考えていたんだなと…。あくまでも史料として、学校の様子や軍人のことを知れて良かった。

27日前

胡椒息子

胡椒息子

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0184 2020/02/18読了 元気な男の子!昌次郎の境遇は結構ヘビーな気もするけど、本人が明るくてとても良い子だからそう感じない。 家族も、この時代の金持ちはこんな感じだったのだろうか?と思うほどみんな自由で勝手。 終わり方は獅子文六作品らしく明るくてさっぱりしてる。

3か月前

095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573
やっさもっさ

やっさもっさ

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0170 2020/01/15読了 限定デザインの崎陽軒デザインカバーがかわいい。 元のカバーの束芋さんのイラストも、読み終わった後に見るとなるほどなあと。作品を要約したようなイラストが素敵。 ドタバタ喜劇。戦後の横浜の暮らしがわかる。喜劇だけど、横浜の戦後現実がリアルで大変な時代がこの街にもあったんだなと改めて思った。獅子文六自身が出身であり、住んでいたこともあって、横浜の街並みの描写が細かい。他の作品よりも風景がたくさん出てきて細かいなと感じる。 登場人物もみんな愉快。左右田寧もっと出てほしかったな! そして女性が力強い。亮子はもちろんだがいわゆるパンパン達や園長など、女性キャラが強くてたくましい。

4か月前

537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef228Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f
おばあさん

おばあさん

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0158 2019/11/12読了 現代の感覚だと69歳はまだまだお元気そうな感じがあるがこの時代だとすっかりおばあさんなんだなあ。 明治のハイカラな感覚と堅いところを合わせ持つおばあさんで、子供や孫たちの面倒をみている。悩みが次から次へと沸いてきて大変。おばあさんの手にかかればまあるく収まるのはさすがだなあ。与太者を退治するところがすき。 読んでて楽しかった。

7か月前

Icon user placeholder6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd7