Btn appstore Btn googleplay
41g8jvkjexl

これが、世界で読まれるニッポンの小説! 日本と西洋、男と女、近代的生活その他のナンセンス、災厄など七つのテーマで選ばれたのは、荷風・芥川・川端・三島、そし... 続き

コメント

村上春樹作品の英訳で知られる日本文学研究者ジェイ・ルービン。夏目漱石や芥川龍之介なども翻訳しているらしい…がイギリスの老舗出版社(だと思うんだよな。昔ペーパーバックってここのオレンジのやつしか無かったような気もする。なんかイメージ的には岩波?)から出した日本の作家の短編アンソロジー。序文を村上春樹が書いてて、自作も二つ収録されているが、なんでこれ?みたいなこと書いてて面白かった。正直なところ日本文学はそんなに得意ではないのだけどかなり面白く読めた。収録はテーマ毎で特に時系列というわけではなくこういう形式も面白いかな、と思った。列記するとこんな感じ。知らない作家も何人かいたけどどれもクオリティ高く選者の力量を感じた。小説好きの方にはおすすめです。
(日本と西洋)
監獄署の裏 永井荷風
(忠実なる戦士)
興津弥五右衛門の遺書 森鷗外
憂国 三島由紀夫
(男と女 )
焔 津島佑子
箱の中 河野多惠子
残りの花 中上健次
ハチハニー 吉本ばなな
山姥の微笑 大庭みな子
二世の縁 拾遺 円地文子
(自然と記憶)
桃 阿部昭
『物理の館物語』 小川洋子
忘れえぬ人々 国木田独歩
1963/1982のイパネマ娘 村上春樹
ケンブリッジ・サーカス 柴田元幸
(近代的生活、その他のナンセンス)
屋根裏の法学士 宇野浩二
工場のある街 別役実
愛の夢とか 川上未映子
肩の上の秘書 星新一
(恐怖)
砂糖で満ちてゆく 澤西祐典
件 内田百閒
(災厄 天災及び人災)
大地震・金将軍 芥川龍之介
虫 青来有一
ピンク 星野智幸
UFOが釧路に降りる 村上春樹
日和山 佐伯一麦
マーガレットは植える 松田青子
今まで通り 佐藤友哉

その他のコメント

読書がますます好きになる。

読者

A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cA0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d 3人

村上春樹の本

猫を棄てる 父親について語るとき

猫を棄てる 父親について語るとき

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

著者が自身の父について記憶と下調べをベースに回顧する。著者の父は青年期に戦争を経験し、実際に何度か徴兵、出兵した。戦争について多くを語らなかった父ではあったが、数少ない父からの情報や、在籍していた部隊の史実から想像される情報から父が戦争からどのように影響を受けただろうかを語る。 父にインタビューをしたわけでもなく、多くの情報はないが、著者の美しくスムーズな文章と少ない情報を徹底的に下調べした事実から、戦争の惨さや戦死しなかったとしてもいかに一塊の青年を傷つけただろうかが想像できる。 著者が後段で語る。"我々は、広大な大地に向けて降る膨大な数の雨粒の、名もなき一滴に過ぎない。固有ではあるけれど、交換可能な一滴だ。しかしその一滴の雨水には、一滴の雨水なりの思いがある。一滴の雨水の歴史があり、それを受け継いでいくという一滴の雨水の責務がある" 非常に短い本で、感動する小説でも笑えるエッセイでもないが、パパッと読んで、日本の歴史や、父子の関係、などについてぼんやり考える軽いおやつのような本。

28日前

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89A86cc33e 76de 4a83 bee4 f02f90f73489C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46 47