Btn appstore Btn googleplay
9784569843889

「謎多き琳派の祖、俵屋宗達×バロックの巨匠、カラバッジョ」 ――雷神(ユピテル)と風神(アイオロス)が結んだ縁が、ここに完結!! 織田信長の命を受け、狩... 続き

コメント

下巻。
なんとなくスッキリしない感じ。
間延びしていて原田マハらしくない作品。
愉しもうと思いハードブックで買ったが残念。

読者

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

原田マハの本

美しき愚かものたちのタブロー

美しき愚かものたちのタブロー

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

なんで美術の教科書は、こういうことを教えてくれなかったのだろうか。本の中で、絵画との接し方を松方幸次郎に教えてもらった気がする。とりあえず西洋美術館でやってる松方コレクションを観に行かねば。久しぶりに睡蓮を観に川村記念美術館にも行きたくなった。でもやっぱりパリにも行きたい。。。

6か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be 24
思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

パリの街中に佇む様々な様式の美術館の数々。どれもが、人々の生活に密着していて子どもから大人まで、日常的に素晴らしい芸術に触れている様子を見ると、芸術への想いを形成する土壌の豊かさに「さすが、パリ」と、思わずにはいられません。

10か月前

3c7689f7 aa01 4d6b 9051 386f4cf9b954Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76 24