Btn appstore Btn googleplay
5186piuw34l

婚姻関係の外での恋愛やセックスは、 個人の倫理観や道徳感にゆだねられてきた。 しかしほんとうにそこだけにゆだねられるべき なのか。ひとつの生物として 人は... 続き

コメント

題名からは俗な印象しかないだろう。
だが、その内容はただの俗と切って捨てるには
些か以上に興味深く、また奥深い。
様々な分野の専門家達が不倫という行動の原理を
解明しようとする。
ジェンダー学、脳科学、昆虫学、行動遺伝学
性科学、心理学、宗教学。
人間という種族のカテゴリーにこだわらず、
昆虫、類人猿、魚類、ウィルスをも範疇に入れる。
人間以外の生き物に不倫という概念はあるのか。
あったとして、それは人間と同じ様な感覚なのか。
生殖行動が良質の遺伝子を残す為だけの行為なら、
他の生き物同様、人間の不倫という行為もまた、
ただの遺伝子の闘争の産物に過ぎないのか。
不倫という名のゴシップ単語から始まり、
最終的には人間という名の種族の繁栄にまで。
生物の情け容赦無い生き残りをかけた戦いを垣間見る。

読者

Icon user placeholder66cbda47 517c 4053 b359 eaa7d3361eabIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder4207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d22956d3c85 29bc 4aca b5b3 3dd1323638e008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 15人

社会

謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア

謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア

6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1

Tomoko

こんにちは

「ワイヤッブの言うことは瞠目に値した。ソマリランドは「国際社会の無視にもかかわらず自力で和平と民主主義を果たした」のではなく、「国際社会が無視していたから和平と民主主義を実現できた」と言っているからだ。そして「今後も無視しつづけてくれたほうがいいかもしれない」と言っているのだ。」(142ページより)

約4時間前

46e4c90e 02cd 4fa2 b116 6c17bf89d8edIcon user placeholder95c5dc1d 78cd 4615 9fe6 73155bd1343a 9