Btn appstore Btn googleplay
9784845632220

コメント

ライブの物販で売っていたので購入。
量的には少ないのに、読むのにかなり苦労してしまいました。作詞の才能と小説を書く才能は別です。
悲しみロックフェスティバルはとても素敵な曲だと思います。
このお話を読んでもその曲の良さが(良くも悪くも)変わることはないと感じました。

読者

B0f12211 6ac9 4ef0 85c5 312890905643

文芸

ムゲンのi(上)

ムゲンのi(上)

3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1

とーちん

普通のサラリーマン 年間

本屋大賞にノミネート ちょっと読み難いところあり

7分前

Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332bIcon user placeholder4a018b3c 0994 437e a2af 52d51648dc1d
出会いなおし

出会いなおし

7d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd4

安達 竹男

台湾に駐在する日本人

年をとるって、面白い。出会い、別れをくりかえし、心の底から、その気持ちになれる、その答えの一つが、この本にあった。

約6時間前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c7a37159d 728a 46d1 9544 dcb8c04c254eB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4 73
また、桜の国で

また、桜の国で

805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681

ほまま

人生折り返し地点かな

国とは、国民とは、国家とはなんだろう。何のために生き、なぜあまりに呆気なく死んでいくのか。 大戦中のポーランドを舞台に、登場人物それぞれが背負うそれらの問いは、今を生きる私たちにも変わらず突きつけられている。教科書が語る、あるいは語られなかった歴史の中に、問い続けながら懸命に生きた人々がいたことをこの小説はまざまざと感じさせてくれた。 ドイツやロシアから奪われ続けても戦ってきたポーランドという国のこと、もっと知りたいと思いました。

約20時間前

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1623a127d 9176 4da1 ba7b f51e0cdb903f4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353 8