Btn appstore Btn googleplay
9784041060582

人間の身体を侵食していく植物が町を覆い尽くしたその先とは――表題作「白昼夢の森の少女」をはじめ、現実と異界のあわいをゆうゆうと飛び越える、ダークファンタジ... 続き

コメント

恒川コレクション( ̄+ー ̄)

その他のコメント

人智の及ばない「何か」達が出てくる奇譚集。
実話怪談から幻想中編まで様々な雰囲気の作品があり、全部まとめて感想を言うのは難しい。
ので、今回は各話の不思議要素を大雑把に並べよう。
夏の満月の夜に、山を越えていく古入道。
一夜にして街と人を取り込んだ蔦と、取り込まれた人達。
時代と場所を行き来し、乗った人を永遠の旅に連れて行く銀の船。
こんな言葉に興味を持ったら、読んでみるのもいいですよ。一話が短いので読みやすいです。

読者

2cfba9d4 d343 4cf0 bacf 1b799abf03c9Icon user placeholder657cdc2f c4dc 4b18 b49e 93579b43d37d7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0D8f80c25 469e 4d37 8112 5d70760370f5B7067710 cf28 449e 9bda 9aca76153079F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b863Cb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a0 12人

恒川光太郎の本

走る?

走る?

D8f80c25 469e 4d37 8112 5d70760370f5

すけP

不思議恐いのが大好き。

恒川光太郎目当てに購入。☻

1年前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c66e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa