Btn appstore Btn googleplay
9784101259635

ピカソやゴッホ、マティスにモネ、そしてセザンヌ。市美術館の珠玉のコレクションに、売却の危機が訪れた。市の財政破綻のためだった。守るべきは市民の生活か、それ... 続き

コメント

感動のアンビリーバボーに出てきそうなおはなし。
やっぱり美術館に行きたくなる。

その他のコメント

原田マハの絵画を巡る話はいつもやられる

「その日、ジェシカは、初めてDIAを訪問したときに着ていったダンガリーシャツとスラックスを着込んで、口紅をつけ、ほお紅をさして、目一杯おしゃれをした。」(32ページより)

読者

8077ed0a 4b29 4269 8c36 2c2aefd711532df79806 bdf7 47d8 813a 829c5dd5a170P1001008 normal217f198e fa1b 4762 a43f 418c31991828F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac2d1f0356 5dd5 4835 8219 936890c79c7b6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1C715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe55483 14人

原田マハの本

サロメ

サロメ

D47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5

平出

大学で国文学を専攻しています。

オーブリー・ビアズリーを知らなかったので、知れてよかった。原田マハさんの本は『楽園のカンヴァス』以来、二冊目。美術史の仮説をドラマ化する手法が、特徴かと思われるが、その他の本ではそんなことないのかもしれない。

13日前

C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a
たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

フィクションなのだけれども、本当にゴッホの周りにこの登場人物達がいたら良いなと感じた。

19日前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d
20 CONTACTS消えない星々との短い接触

20 CONTACTS消えない星々との短い接触

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

様々なジャンルのアートの巨匠達と著者が空想の世界で出会い、会話をする。アンリ・マティス、東山魁夷、宮沢賢治… 原田マハ得意のフィクションの世界で、アートの巨匠達が生きている。一人一人の特徴が調べ上げられており、親しみやすく感じてしまう。 アートや美術に触れ合うことは少し敷居が高い。そういう人に対してもアートを身近に感じさせてくれる。美術の教科書に載っていた作品名と人物名を丸暗記していた頭から離れ、一つ一つの作品にはストーリーがあることを思い出させてくれる。

2か月前