Btn appstore Btn googleplay
51r%2bkj6sjdl

コメント

短大で仲の良かった6人の女性。卒業から20年。則江から領子への連絡をスタートに6人がバトンを繋ぐように話は進みます。20年。各々生き方、暮らしがあり、背負うものもある。失業、災害、親の介護、離婚等。それは同年代の私達が抱えているそのもので、思い悩む様はグッとくるものがありました。再会することに躊躇して、思いきって会えば、心置きなく話せて、はしゃいで。みんな凛々しくなっていく。たくましいです。

読者

56b00114 2d27 4f96 bf29 116659114f74Icon user placeholder9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a897d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd44714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2A7116be6 7b34 4a7c bf52 c4fbf4580de4Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794 11人

大島真寿美の本

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

大阪道頓堀浄瑠璃作家・近松半二の話。 全編大阪弁で語られる本も珍しい。歌舞伎より有名だった、浄瑠璃。今では、なかなか見る機会がない。 半二の浄瑠璃愛に飲み込まれそうになったが、「お三輪」の独白は必要だったのか?

8か月前

38fd38db c6ee 44d0 af40 fc3a075686656c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c91d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8 14