Btn appstore Btn googleplay
41d4stihcbl

市場、国家、社会… 断絶した世界が、「つながり」を取り戻す。 その可能性を、「構築人類学」という新たな学問手法で追求。 強固な制度のなかにスキマをつくる... 続き

コメント

しりとり読書6冊目。『逆行』からの「う」ではじまる本。

文化人類学の教授である著者が、自身のフィールドであるエチオピアへの滞在経験から得た観点を、文化人類学の視点を交えて解説。
身近なエピソードになぞらえてくれるのでわかりやすい。
あっという間に読めてしまった。

なんとこのブックデザインも尾原さん!

ブックデザイン 尾原史和(SOUP DESIGN)

次は「く」からはじまる本。

その他のコメント

筆者は文化人類学の准教授で、エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークをしている。

この本の版元であるミシマ社も含め、書店で平積みにされ話題になっていた記憶がある。

筆者が20代の時にエチオピアで感じた事、その当時の日記に触れつつ現代の日本を含む世界の制度及びその制度への批判のありかたも含めた問題点をわかりやすい言葉で解きほぐしていく。

そこで言われる問題点は、例えば「国家」や「市場」という大きな枠組みで語る事が一方で巨大な権力を肯定し、もう一方で個人の活動を自己責任としてしまう、というような事だ。

そうしたわたしたちの社会やわたしたちの関係性が断絶されていく事に対して「構築人類学」として、構築されてきた現状を認識し、その現状とは違う可能性を捉えようとしている。

最近見た映画に、是枝裕和監督の「万引き家族」がある。
是枝監督は今までも家族をテーマに身近な物語を描いてきた。
パンフレットにコラムを寄せている中条省平は是枝監督の映画を貫くテーマは「家族は自明ではない」と書いている。
家族がどのように存立するのか、どうすれば家族は家族たりうるのか、そういうテーマでこれまでも映画を撮ってきたと監督自身もラジオで言っていた…と思う。確か。

「国家」も「市場」も「家族」も、自明ではないと思う。
しかし、現にあり、どのように構築されてきたかを考える必要がある。
そうして構築されてきた今の環境から、わたしたちは全くの自由ではないけれど、今のありようを知る事でそれを変える可能性はあると思う。

普段は心理学方面しか読んでないが、こちらの分野にも通じているものがあった。
人間学なのだから、当たり前なのだろうが。

最初の登場人物に、周りから変な風にみえるおじさんがでてくる。
しかし、途端に外国人のベビーカーを連れたママに気さくに英語で話しかける。

それを筆者ははたからみてて自然だったと感じた。

こういう人は特に外国に行ったこともないのに、日本人と一緒にいると浮くのに、外国の人だけは話せる人が確かに存在する。

空気を読むという技術が日本以外ではものすごく高度だということが、お分かりいただけるだろうか。

この本の中には、どうして、自然なことをしているのに浮くかということが結構書いてある。

日本人と他の国コミュニケーションの不可解さも。
今話題になっている。
発達障害たちのコミュニケーションを紐解く鍵ともなるのではないかと、読んでいた。

読者

B07485af ffd3 41ef a0a6 d123026c96794207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d22A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2283d889e46 86fd 4cc0 8acb 2f52d620b0d46cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cC0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe57978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3 86人

社会

イラストでまなぶ! 戦闘外傷救護 -COMBAT FIRST AID-

イラストでまなぶ! 戦闘外傷救護 -COMBAT FIRST AID-

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

Kindle Unlimited にて読了。 何気なく読んでみたら予想以上に戦闘外傷の救護マニュアルが丁寧にイラストと写真で医学的解説も交えながら説明されているスグレ本。 市中救急とは異なる、持続的に危険な場所に身を置いたままで自分の身を守りながら負傷者の救護を行うためにいかに考え尽くされた方法なのかがたいへんよく理解できる。 これは思わぬ拾い物だった!

5日前

発達障害と少年犯罪

発達障害と少年犯罪

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

発達障害の子の親も発達障害である可能性があることをしっかりと伝えている本。発達障害と今の社会を取り巻く環境について、生きていく上で向き合っていかなければならない現実とヒントが記されているのだと思う。向き合って行く必要性については著者のあとがきを読むことで、より感じるものがある。 発達障害の子の母親へのカウンセリング場面の描写から一気読みだった。 後半の節分「私たちに何ができるのか」を読むことで、発達障害への意識の持ち方も変わってくるように思う。

7日前

5f81d9e8 2019 48a2 8e1c c18f62c99e2fIcon user placeholderF0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604
熱海の奇跡

熱海の奇跡

Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61

ボンソワール

音楽と酒とくだらないことが好きで…

泥臭い努力の大切さ。

8日前

Icon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40C7987935 2117 4a2f b49c 130258e03599 8
死すべき定め――死にゆく人に何ができるか

死すべき定め――死にゆく人に何ができるか

314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad01

ユタカ

ワンコソバ・シティの上空163セ…

‪自分にその時が来るまで寄り添っていてほしい、本当に素晴らしい一冊。著者は現役のお医者さん。死に怯える中、正解がわからないままどんな治療をするか、しないか決めたり、人生最後の日々の過ごし方を選んだりする人々の姿が胸に重く響きます。心を揺さぶるとともに、とても勉強にもなる堂々たる名著。

11日前

748c3c26 e683 4d7f 8adc f59fc18ef37cBz 2l3rc normal66cbda47 517c 4053 b359 eaa7d3361eab 14