Btn appstore Btn googleplay
9784591164198

一九四六年、アメリカ。「黒人は、図書館に入れない」とラングストンの母親は言っていた。しかし、新しく越してきたシカゴの町で、ラングストンは、だれもが自由に入... 続き

コメント

1946年、母が死んだことで父と2人、アラバマからシカゴに越してきた黒人の少年。

父にも理解されず、学校でいじめを受けていた少年は、黒人でも入館できる図書館を、偶然見つける。

読者

4bb0d6f4 8f25 4bb3 ae15 48abac5771fd5ace6702 1746 41f7 9378 2e7cda372cb0Bqatd8du normal4dc48445 e300 4859 bb9a c9437a47f3218b0cb29a f6a3 4400 a8c6 d3cba15285ae7735f997 3879 4462 b098 45474928d55dIcon user placeholderIcon user placeholder 32人

新刊

超雑談力

超雑談力

Deb28d02 e0c3 4061 95ec 1b18a196d40a

たつてん!

よろしくお願いします^_^

◆この本を読んだ目的は、 「雑談力をつけるにはどうすればよいか」 を知りたかったからです ◆学んだ事をひと言でいうと、 「自分や相手の身の周りで起きた 出来事の気持ちをそのままにし、暖め合う」 です ◆どういう事かというと ①おもしさはいらなくて、  身近に起きた事をただ共感し合う ②正しいかはどうでもよくて、  雰囲気を大事にして気持ちを暖め合う ③そうやって気持ちのラリーをただ続けるだけ。  そして、程よく終わらせる。  

約7時間前

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d56e5ddec8 3d82 4164 ab18 a8ac280ef030E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f02714
よるのばけもの

よるのばけもの

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

クラスでいじめを受けている女の子と、いじめに加担しつつも後ろめたく思っている主人公のお話。 学校社会は逃げ場がないからキツイ。重たい読後感。 住野作品なので、明かされていない謎がチラホラ。あと2回くらい読み返す。読解力が問われる。やはり黒幕はあの人かな。

約10時間前

0179bb13 bf92 4119 9ca5 b5ab2eae07d04bb0d6f4 8f25 4bb3 ae15 48abac5771fdLcaluczi normal 44
大親分!

大親分!

Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61

ボンソワール

音楽と酒とくだらないことが好きで…

最後の粗忽長屋が良かった。世相と毒舌、ユーモア。

約18時間前

聖なるズー

聖なるズー

0b212428 5f9f 45d3 a5d4 d6a040697c46

gogogo090811

会社員

著者の自身の性にまつわる体験、思い、それを乗り越えていく過程の描写の熱量がすごい。だが、肝心なズーに対する描写や取材は少し距離を取り過ぎている気もする。 だが、ズーという文化の一面を知るには良い本。

約23時間前

4207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d22Icon user placeholder46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55 8