Btn appstore Btn googleplay
51t%2b3dzexzl

京大出の心理学ハカセは悪戦苦闘の職探しの末、ようやく沖縄の精神科デイケア施設に職を得た。「セラピーをするんだ!」と勇躍飛び込んだそこは、あらゆる価値が反転... 続き

コメント

心理士としてデイケア施設に飛び込んだ筆者の体験記としても十分楽しい本だったけど、デイケアに対する筆者の考察が深くて面白い。

辛さは向き合い掘り下げ乗り越えないといけない、人間は変化し成長しないといけない、目標は達成しないといけないとする『セラピー』の思想に対して、何もしなくても「ただ居るだけ」ができる居場所を作ること、変化がなく同じことを繰り返す日々を日常として守り続けること、その居場所の中で構成員同士が支え合うことにより互いの辛さを癒し合い癒され合うことが『ケア』の思想。

人は、あえて何かをしなくても「ただ居るだけ」ができる「居場所」を見つけ、周りの者に自然と依存できるとき、本当の自己を出せるという。
多くの人は、そんな居場所を家庭とかサークルとか色んなコミュニティーの中に見つけていくが、それができなかった人に「居場所」を提供するのが、デイケア施設である。

ところで、現代人の中には、デイケア施設にこそ入っていないものの、デイケア施設が提供するような「居場所」を見失っている人や、「ケア」が枯渇している人が結構いるのではないかと思う。
PDCAを必死に回して、何かをしなければ、何かを達成せねば、少しでも前進せねばと常に迫られ、何もしてないし何も変化がないけどただそこに居るだけで心地よくて本当の自己を出せるような「居場所」が会社にも家庭にもなく、それゆえに癒し合い癒され合うこともできず、日々孤独に生きる人たちが。
この本は、利用者に居場所を提供するデイケア施設の課題を書いた本だけど、デイケア施設に通わない人であれば、それらの課題に自分で向き合っていく必要がある。
どのように自分で「居場所」を見つけていき、自らをどう「ケア」するかという課題に向き合う人々皆に、この本の考察が何かしら役立つのではないか、と思う。

その他のコメント

ケアとセラピーの違いについて、著者の経験に添いながらデイケアの日常について描かれている。
物語の舞台は福祉ではあるが、誰にでも当てはまり、自分のこととして考えて行けるような内容になっている。物語として読め、なにより文章が面白い。笑いながら読みすすめられる。
物語の後半になると、ケアにかかわる仕事に就いた経験がある人なら、誰でも一度は考えたことがあるであろう問題(不安や葛藤)が描かれている。
面白い本だった。
ケアについての深い部分を一緒に考えてくれるようなありがたい本だった。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder4dc48445 e300 4859 bb9a c9437a47f321Akiaivjyeuyp25rambwaA7116be6 7b34 4a7c bf52 c4fbf4580de4Icon user placeholderIcon user placeholder 61人

東畑開人の本