Btn appstore Btn googleplay
518ifdxq8tl

どんな失敗をしてもいい。学生時代にやった失敗は絶対に無駄にならない。――第一章・山中伸弥ある種の小さな挑戦とか、冒険、あるいは身近で未知なるものに出会うと... 続き

コメント

細胞生物学者であり歌人でもある永田氏による山中伸弥、羽生善治、是枝裕和、山際壽一の各氏の講演録及び対談録。
各氏の話の面白さに加え、永田氏の話題の引き出しかたのうまさが印象に残る。
間違いなく生徒・学生に読んでほしい本だが、もちろん大人にとっても非常にためになる。

読者

670b2cc1 1fed 459a b9e8 8811fbdec590Ee52669e 1e37 45ba 943b 2d3694139ed1F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28Icon user placeholder2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2a07acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d6589A3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98 14人

山中伸弥の本

「大発見」の思考法

「大発見」の思考法

Deb28d02 e0c3 4061 95ec 1b18a196d40a

たつてん!

よろしくお願いします^_^

◆読んだ目的 考え続けるための思考法を知りたい ◆ひと言でまとめると どうやって自分の脳をびっくりさせるか? ◆どういう事か? ①じっとしてても何も生まれない。  フラフラと色んな事に興味を持って動いてみる ②そこで自分で「問い」をたて考える ③予想通りにいかないから面白い=びっくり  →「考えるとは感動すること」

3か月前

2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c421b7531 6270 43bb 98c1 c6004cdc45c80ea2ad07 0992 4453 b4c3 ea0a1858c7a0