Btn appstore Btn googleplay
51yzviobl7l

みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない?いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、父... 続き

コメント

すごく面白かった!最初から最後まで読むの止まらなくなりました。個性的な登場人物たちのやりとりや、様々な謎のピース。最後はあぁー、ここに伏線あったのかと伊坂幸太郎ワールドのどっぷりとハマりました!

父親が4人とか、高校生の男の子グレるじゃない?とあらすじだけ読んだ時思ったが、個性的でありながらも息子思い(子離れできない?)の父親に囲まれてすこし鬱陶しいと思いながらも何だかんだ父親たちが好きな由紀夫にすこしほっこりとした気持ちになります。

個性的な登場人物のテンポのいい会話はの楽しさはミステリー要素もあり面白い小説ですので是非とも読んでほしいと思います!!

読者

Upfdb05g normalAaf3a5a9 1641 4c32 84cb 16e7f9edc36bIcon user placeholderE05028e0 22f6 4d3a a65c ad874e45cd816b5d05fc 88a6 499c 8b25 d866f0e683642ee49a87 4415 4667 96bf 77748bf37ae79e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaE2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72 30人

伊坂幸太郎の本

ホワイトラビット

ホワイトラビット

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2020年108冊目。楽しい。超楽しい。わくわくしながら読み切った。そういうことかーーー!!ってなるのが楽しくてやめられないから、伊坂幸太郎さん、一生本書き続けてください。なにとぞ。0703

3か月前

88d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254fE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac425467e7f5 8af3 4aef 8246 8496bea6d507 12
バイバイ、ブラックバード

バイバイ、ブラックバード

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

借金を重ねて〈あのバス〉で恐ろしいどこかへ連れて行かれることになった星野一彦。彼は怪物のような巨体で常に他人に悪態をつく女性繭美とともに、交際する5人の女性に別れを告げに行く・・・という話。 登場人物の誰もがキャラクターが立っている。 主人公の星野は悪びれもせず五股をかける最低の男のはずなのに、馬鹿正直で何故か憎めない。そして5人の女性は怪盗の真似事をする突拍子のないところがあったり、冷静な女優なのにどこかズレたユーモアがあったり、どの女性も素敵だ(星野が惹かれたのも頷ける)。 そして繭美も性格が悪いだけの女ではなく、星野と関わっていく中で少しずつ心境の変化がしていく。だからこそラストでいい味が出ている。 6本の短編からなるが、自分としては「パン」になりたかった、という下りが1番感動した。 全ての登場人物への愛を感じる面白い小説だった。

3か月前

6b5d05fc 88a6 499c 8b25 d866f0e68364E2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72Icon user placeholder 12
AX アックス

AX アックス

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2020年50冊目。泣きそ〜あ〜ってじわじわくる感じの泣き方じゃなくて、唐突に溢れるみたいに泣いた。たった一行なのに。/20200312

6か月前

9cb54fda 087f 4348 87fa 5bdc3b7e638aIcon user placeholder33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 39