Btn appstore Btn googleplay
9784480436481

リブロ池袋本店マネージャーだった著者が、自分の書店を開業するまでの全て。その後のことを文庫化にあたり書き下ろした。解説 若松英輔 続き

コメント

本屋をはじめたい人の背中を押してくれる素敵な一冊でした
開業までの前史として、辻山さんが勤めていたリブロでの日々が描かれています
池袋本店でのフェアやイベント、お店の終わらせ方など
「どんな姿勢で挑むのか」
大きな書店での働き方について、たくさんの気づきがありました
後半からは、出店するまでの実務的な情報が想像以上の丁寧さで綴られています
最終ページには事業計画書や営業成績表も掲載されており、数字を見るとかなり具体的にイメージできます
もし自分のお店ならこうしたいな…とつい想像してしまいました

黙って売っているだけでは売れない時代
自分の経験を文章で残し、活かしてほしいという想いからこの本は生まれています
「はじめに」で、何かを始めようと思っている人へ、とありました
本屋をはじめたい人はもちろん
今、何か一歩踏み出したい人にもぜひ読んでほしい一冊です

読者

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Icon user placeholder

辻山良雄の本

本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録

本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー@書店員

書店員2ndシーズン突入

東京・荻窪に開店した新刊書店Titleさんの、 オープンまでの道のり、 そして1年たってみてのお話。 僕も昨年行かせていただいて、 その時に買ったトートバッグを今も使っています。 とてもわかりやすい言葉で、 だけどもしっかりとした信念をもって始められたのだなということがよくわかりました。 本屋さん。 僕もいつか、やりたいなぁ。

3年前

6db529aa 747f 4253 927c ed679afaf26bA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326136dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60 44