Btn appstore Btn googleplay
9784087441123

コメント

酒井さんのネーミングはとても的を得ていると感じた。母親からの娘への呪いも含め女が女自身を下に見ているが故の「男尊女子」男性の意識の問題よりも深いかも知れない。

読者

43bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1aB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

酒井順子の本

男尊女子

男尊女子

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0204 2020/06/16読了 男尊女卑について抗議しつつも、自分の中にある男尊女卑の世界を受け入れている部分を認めている。 自分自身にもあるかも…。女性を低く見るなんてひどい!という考えをしているのに、「女ってこういうものだよね」「女だからいいよね」と思っていることが多いことに気づけた一冊。 そう簡単に変えられない意識なんだなと改めて実感した。

27日前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5db91d57 ea73 4322 a64f cce7542208c6F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
食のほそみち

食のほそみち

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

わたしが日頃読む「食」に関するエッセイは、日常の食事のありがたみとか特別な会での食事だとかをつらつらと書き連ねていくタイプのものなのですが、酒井順子さんの鋭い洞察力にかかると、日常の食生活はこんなにも「その人そのものを表すもの」と化してしまうのか!と驚きました。 たったそんなことだけで?!と言いたくなるけれど「…たしかに」と妙に納得してしまう説がたくさんありました。そして、名付けの面白さ。笑 「無駄海老」って安直そうだけど、一番的確に表現しきってますし。 わたしの何気ない「食事」にも、わたしを表すあれやこれやが滲み出ていて、もしかしたらそんな所から私は相手に何かしらを感じ取られてるかもしれない…そう思うと、日常に接している食事って、自分を作り上げる要素として切りたくても切り離せない存在なんだなあと痛感しました。 とりあえず、作者の酒井順子さんの観察力には感服します…!

4か月前

源氏姉妹

源氏姉妹

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

源氏物語を女性側から書いたというか、考察したエッセイ。源氏物語をちゃんと読んでなくても、なんとなく知っていれば十分楽しめる。

10か月前

次の人、どうぞ!

次の人、どうぞ!

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

負け犬の遠吠えの作者によるエッセイ集。平成が終わる時代に変わりゆくいろんなことに軽く批判的に触れる。この手のエッセイ大好き

1年前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab676c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c