Btn appstore Btn googleplay
51rmxjac9zl

『方丈記私記』『ゴヤ』などで知られる作家・堀田善衞。縁のある作家、学者が、その魅力を語る。一流の創作者たちが、こぞって堀田作品を愛読するのは何故か? 現代... 続き

コメント

空の空なればこそのコメント。
終末論。
イギリスが後のユーロ(統一通貨)を嫌う事の裏には、この通貨によってヨーロッパ経済は、ドイツ国立銀行によって支配されてしまうのでは無いかという疑いから。

読者

A3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98

池澤夏樹の本

パレオマニア : 大英博物館からの13の旅

パレオマニア : 大英博物館からの13の旅

Fe0ef593 2609 4412 b7fa 025421bbfdfb

ユカ

特に気に入った作品だけをこちら…

大胆で浪漫ある、著者ならではの小説。 その都度展示品の写真がついているので、読者としても臨場感が高まります。 博物館や美術館に行く時の作品の観方が柔軟になり、より楽しめるようになりました。

7か月前

異国の客

異国の客

Fe0ef593 2609 4412 b7fa 025421bbfdfb

ユカ

特に気に入った作品だけをこちら…

一番笑った池澤夏樹作品。 こんなに笑えるのがあるなんて意外でした。 池澤氏が楽しそうに執筆されている姿が思い浮かび、こちらまで楽しくなります。あれもこれも描きたい、そんな気持ちなのだろうかと思いながら。 電子書籍化されているので、ぜひ。

7か月前

2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea24959217df5234 b9e5 4ab1 aab4 edf1339aef9e
氷山の南

氷山の南

Fe0ef593 2609 4412 b7fa 025421bbfdfb

ユカ

特に気に入った作品だけをこちら…

最高の冒険小説。 多種多様な登場人物、文化、マイノリティが、未来へ舵をきります。 ひとつひとつの事象が具体的に描かれていて(オーストラリア先住民の暮らし、氷山曳航作戦、宗教、隕石、カヤックなど)、このものがたりを読むことで、自分の興味の幅がぐんと広がりました。すばらしい。 具体的なので小難しいこともちらほらありますが、(これは池澤夏樹氏の作品によくあることで)読了後は、結局純粋に「ああ、面白かった!」と言わしめてしまうのです。本当に素敵な小説です。 たくさんの乗り物が出てくるところも魅力のひとつかなと思います。

7か月前

Icon user placeholder40a6f84e d125 4936 894b 3ade15b8b55f3f51938b ee35 4012 b7cc e75fc16ac0c3 18