Btn appstore Btn googleplay
41%2b6phih8dl

孤立死や無縁社会という言葉が毎日口にされる現在の日本。今こそ人とのつながりを自らの手で築く必要が痛感されている。この時代の声に応え、全国で常時50以上のコ... 続き

コメント

昔は、町や村の人脈でお金をかけずに仕事を協力していた。今で言うできる友達に頼んでみるみたいな。それが昔は普通で、お金なんて要らなかった。今ではそれが他人がお金を取るようなサービスに変わった。そこにつながりなどは無い。工業化が進み、町から人は都市部に行くようになる。そこで従来の町の共同体は崩れ、国が治める事になる。そこで市民はお客さん化した。昔は繋がりが強すぎた。今は弱すぎる。そのバランス。屋外空間を使いこなせていない。地縁型コミュニティとテーマ型コミュニティ。自由に使える空間を探す。クリエイティブファーム。オープンスペースの価値を高める事によってエリア全体の価値を高めるという発送。つまり、不動産の空き家を借りる代わりにその土地の価値をあげますというプレゼン。有機農法で作物を育てたとして、食べていけるのは3500万人? つまり今は人口が多すぎて、輸入に頼るしかない。田舎でお店をやったらすぐひろまる。長い目でみると、今は単に子供が減ったのではない。1度ベビーブームがあってからの減少。昔は道路も地域で協力し作っていた。今は専門家が専売的な特許のようにして仕事し価値を作りあげた。家を建てるのもそうだ、どこまで自分で作ってどこまではプロに任せるか。シェアというと、貸し借り、貧乏臭い、煩わしいとイメージで捉える世代と楽しい、繋がりがある、スマートというイメージで捉える世代がある。それはコミュニティという言葉でも同じ。何が人々にとっての豊かさ? 生きがい?ナガオカケンメイ、太刀川英輔、柳原昭弘。金やものが豊かさではなくなると、以前の美しいものをつくるデザイナーが、金やもの以外をデザインする人が出てくる。住民の声を聞く時には具体性を求める。でないと一生答えが出ない。悪い顧客みたいになる。ランドスケープデザイン=公園や庭園を設計すること。全人口にしめる農村人口比率が3割を下回るとコミュニティに関心が向いてくる。はたらくとは、はたにいるひとをらくにさせること。だからはたにいるひとがどんな事に困っているのか。クリッシーフィールドのカフェに書いてある「あなたの買い物が公園をサポートします」。オニール氏の葬儀には今まで関わった人や子供たちが集まった。俺もそのような色んな人の意見をきく行政職員になりたい。計画づくりから住民が参加したら思入れができる。

その他のコメント

「適疎」という考え方は、そうそうこれコレ!と思いました。

人口減少は進む、行政の処理能力は限界近い、じゃあそれを踏まえてどうするかというリアリスティックな発想に共感します。

読者

A3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686dAkiaivjyeuyp25rambwa78051e7c 8d48 4503 8bd1 30a47ecec3ed173308de 63b0 4acc b635 f7ccc62ee28b 5人

山崎亮の本

ふるさとを元気にする仕事

ふるさとを元気にする仕事

A3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98

鈴木スルメ

立命館大学

未来を描く3つの輪。「私たちがやりたい事」。「私たちが今まで培ってきた得意なことやできること」。それだけでは趣味や娯楽になる。そこで、「地域が求めている事」が必要。個人事業主という働き方。中山間地域では、買い物の代行や通院の送り迎えも喜ばれる仕事。地域の人が困っていることを能動的に探していく。地元に溶け込む姿勢と、課題を見つける力。俺は、とりあえず就職ではなく色んな働き方を知りたい。

9か月前

僕らの社会主義

僕らの社会主義

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

社会主義に対する印象が大きく変わった。社会主義の基本はみんなで分け合うこと、そして楽しむこと。どちらも今の社会で必要とされていることだと感じた。 また、社会主義で一番大切なのは教育だと感じた。持っている知識をみんなで楽しむために惜しみなく人に与える。それが社会主義の一番ベースとなる形なんじゃないかと思った。 二人とも実際に地域の活動に参加している人たちなので、言葉に説得力というか現実味がある。理想を語るだけでなく、それをどう実現すべきかを常に考えている印象を受けた。

約3年前

60f19677 4625 4b1c 8c21 c00e3a2a1a9a5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a843727cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5