Btn appstore Btn googleplay
5176hrkdp1l

一九六〇年、プラハ。小学生のマリはソビエト学校で個性的な友だちに囲まれていた。男の見極め方を教えてくれるギリシア人のリッツァ。嘘つきでもみなに愛されている... 続き

コメント

ソビエトで暮らした時間は長くはなかったかも知れないけれど、米原さんの経験はそんな短さを感じさせないくらいに鮮明で切なくもあって、儚げでもある一方で強くもある。

同級生との過去を思い返し、再び会いに行く…お話の構成自体は変わらないのに、そこに出てくる登場人物たちのもつバックグラウンドや姿勢が変わるだけでこんなにもお話が変わってしまうのか…と思いました。
祖国への誇りを胸に生きる人、祖国への想いが薄れた人…米原さんと同じように、祖国を心のどこかに留めながらソビエトに来た各々の想いがそこかしこに散りばめられていました。そして、切っても切り離せない「プラハの春」。
穏やかな学生生活を送りたい、豊かな生活を過ごしたい。
そう思いつつも、政治に少しずつ侵食されていく生活そのものへの儚い気持ちも芽生えました。

わたしの知識不足で(特にプラハの春に関しては)、斜め読みの部分があるのですが、祖国への想いの変化や変わらない人間性・変わってしまった志…など様々な想いがぐるぐると巡るお話ばかりで好きな本のひとつになりました。

その他のコメント

「白い都のヤスミンカ」は、今までに読んだどんなノンフィクションよりも戦争の悲しさが伝わってきました。

小説のようなおもしろさ、ユーモアとともに、考える本でもあり。

読者

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b20a943c0e fdf8 4c9c baf7 8a10dca25c21Icon user placeholderIcon user placeholder406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e9712fc00ac c2b5 43ae 8d4d 78a2bdd8967a81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8F2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a6 49人

米原万里の本

ヒトのオスは飼わないの?

ヒトのオスは飼わないの?

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810

くろ

ミステリー小説、特に海外作品が好…

米原さんの愛したペットのビリ、チビリ、無理、道理、ゲン、ターニャ、ソーニャ、ノラ等々のエピソードが面白おかしく、時にはせつなくさせるいつもの米原節炸裂です。 現代のペット観からしたらちょっとズレを感じる部分もあるけど、米原さんの家族(動物?)愛を感じながら、動物と暮らしたくなるけど、(責任を考えて)諦める、という考えをグルグルつい繰り返してしまいます。

約1年前

1f348651 4825 41ad 9c8a 3b622c56bc24901c354a e7a4 4def b175 313c30679550
ガセネッタ&シモネッタ

ガセネッタ&シモネッタ

3a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045

towa

1982年生まれ。

2000年の刊行なので論調に時代を感じるけれど、久しぶりの米原節が懐かしくもあり。翻訳家の柳瀬尚樹との対談、癖のある人柄を感じさせながらも、柳瀬氏の「翻訳に正解はある。正解を目指すべきだ」に大いに納得。

3年前

F50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fbIcon user placeholderDe9c0578 cca2 4bb1 a42f 6a40bbefdaf5