Btn appstore Btn googleplay
51dnxb w51l

今度、学校で演劇のオーディションが開催される。ぼくは、女神の役をやりたい。「男子が女子の役をやるんだって!」と言われるだろう。けれど、ぼくは自由に自分らし... 続き

コメント

トランスジェンダーに苦しむ少年の、心の声が切に語りかけてくる良本!

これを読むと、LGBTへの理解と想像力がさらに深まる。

その他のコメント

読んでいる間ずっとケストナー『飛ぶ教室』が脳裏にちらついた。学校で行われる演劇、派手な喧嘩、誇り高き先生といった共通項が多いからだ。もっとも、この物語の舞台は現代のシカゴであり、主人公は肉体は男性だが、僕は女の子だ!と思っている。食事に行く場所もスシを出すレストランだったりする。そういう現代的な要素が盛り込まれているのだけれど、この物語が含むメッセージの一つは『勇気』そして勇気と表裏一体の『不安』であり、『飛ぶ教室』にも通ずるものだ。それらはどんな時代でも場所でも我々のテーマであり続けるものだろう。

読者

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e96af2776b 68c7 4860 ae3c 610e6086cbb073bdd293 a21c 4ec1 9c35 c6bf7d1bf802 3人

文学

楽園のカンヴァス

楽園のカンヴァス

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

本は心を豊かにしてくれる

こんなに素敵な小説だったんだ!これが読後の率直な感想です。 登場人物と一緒にタイムトリップしたり、謎解きしたり、ストーリーは静かに進むのに、ハラハラドキドキしながら読みました。

約15時間前

Icon user placeholderDefault profile normalBdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775e 233
閻魔堂沙羅の推理奇譚 点と線の推理ゲーム

閻魔堂沙羅の推理奇譚 点と線の推理ゲーム

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

シリーズ四作目。 バラバラに提示された手掛かりを繋ぎ合わせて、真相を推理するスタイル。脅迫者は分かったけど、実行犯は当てられなかった。これは難しかった。 今回はおまけエピソード「閻魔堂沙羅の日常」付きで楽しい。

約17時間前