Btn appstore Btn googleplay
51m bpvovil

大正10年春、両親を失った一条まりあは、友人の家に身を寄せていたが、その父親に乱暴されそうになり、家を飛び出した。町をさすらうまりあは、昔住んでいた屋敷の... 続き

コメント

マリアを助けた人は仇の息子だった
父親を陥れた男の証拠を掴むため偽名を使って女中として潜り込んだ家は かつて自分が住んでいた屋敷である
女中といっても元はお嬢様だから何もできないのに 英語は喋るし見慣れないはずのお菓子を知っていたり ちらほらとお嬢様の片鱗がみえる
気をつけないとバレそう
仇の息子の聖は性格悪いけど実はいい人だったりして

読者

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

上田倫子の本

ひみつのジュリエット 1

ひみつのジュリエット 1

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

友達の結婚式でひったくり犯を捕まえた警察官の樹里 その時 鼻血で服を汚してしまい助けてくれた男性がいた お互い一目惚れしてしまう 後日 仕事でヤクザ花菱組に行った時 男性と再会 彼は組長代理のロミオだった ヤクザと警察官なのにグイグイくる彼に 頭ではダメだと思っていても強く拒否できない しかも花菱組は樹里の兄を殺した仇 彼がヤクザを辞めてくれればいいのに

13日前