Btn appstore Btn googleplay
9784087211009

藤子不二雄Aの名作漫画『笑ゥせぇるすまん』では、主人公の喪黒福造が日常のどこにでもいるような老若男女を言葉巧みに陥れていく。 喪黒は“誘惑の悪魔"として、... 続き

コメント

人の気持ちが揺さぶられるのは脳が他の体の機能と比べて完全にできていないから。進化する為に必要な余白部分を喪黒福造は攻めてくる。
漫画が差し込まれ、文書も読みやすかった。
数々のホルモンが人間の身体や考え方にどのように影響するのか随所に書かれており、自分をコントロールすることは脳をコントロールすることと等しいんだなと思った。

読者

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae45334039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6 3人

中野信子の本

人は、なぜ他人を許せないのか?

人は、なぜ他人を許せないのか?

41b9f359 9360 448c 90b1 46b4c2ec7acf

パパセラ

3児のパパで医療人

他人を許せなくなる背景には、文化や習慣によって生まれた内集団バイアスという脳のクセによるものがある。この思い込みは前頭前野の衰えが関与しており、是正するためには食事、睡眠、メタ認知がkeyになる。また、現状維持バイアスからの脱却も必要になるだろう。

5日前

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4F19eb923 86ef 4bb0 aee5 41e194a303dcIcon user placeholder 11
ヒトは「いじめ」をやめられない

ヒトは「いじめ」をやめられない

38451cdc e56f 4314 8344 18478af54975

ちーさんぽ

いつでも活字を持ち歩きたい。

 結束力・団結力が強固な集団ほどいじめ発生リスクを孕んでいるということが、とてもわかりやすく書かれている。とくに脳の発展途上にある子供は、理性や道徳のみでは歯止めが効かず、深刻化しやすい。続く後半は具体的な対策例が挙げられている。  どうやら人は、いじめ(バッシング)によってドーパミンを放出し、快感を得ているらしい。  子供に対してはどう教え諭すか、大人の自分自身はどういう心がけが必要か、ただ「いけないこと」として言い聞かせるのでは、これまでと同じ。誰も(サイコパスは除いて)が加害者になり得る可能性があるならば、時々自分を客観的に、偏りのない視点で振り返る必要があると感じた。

1年前

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd638c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2Ce3b56d0 18f6 46af afaa d2186d684c8a 20