Btn appstore Btn googleplay
9784065118245

職場で、学校で、なぜ日本人は「空気」を読むのか? 中野信子さんが脳科学をとおし、初めて日本人の心性と強みを読み解く。 「いじめ」「サイコパス」「キレる心... 続き

コメント

日本人に空気を読む特性が強い人が多いのは理由がある。不安傾向が強い日本人は幸福度調査でも上位に食い込むことはいまのところない。
幸福度が低い=不幸せというイメージがあるが、真面目な人ほど長生きし、陽気な人ほど長寿ではないという調査もあるとのこと。
なにをもって幸せと感じるのは、その人の考え方によるところが大きいのではないか。自分なりの考えを持つ為にも、自分自身(脳の機能)を知り、たくさんの人の考え方に触れる機会を持つことも大切になってくるのだと思う。
最後の解説が良かった。

その他のコメント

雑学として読むレベル

人間の感情と脳の仕組みについて、分かりやすく噛み砕いて説明してくれた本でした。

たしかに分かりやすかったけれど、節々を切り取って色んな人たちの「言い訳」に使われなければいいなという印象。ただ、社会を生きづらいと感じる人にとっては救いになるかもしれない。

リスクを孕みつつも、面白い1冊でした。

読者

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e134039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae45318dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b8Icon user placeholder2ec5687f 31b4 4a10 9fd8 9f5c6f2caba8Icon user placeholder 12人

中野信子の本

悪の脳科学

悪の脳科学

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

人の気持ちが揺さぶられるのは脳が他の体の機能と比べて完全にできていないから。進化する為に必要な余白部分を喪黒福造は攻めてくる。 漫画が差し込まれ、文書も読みやすかった。 数々のホルモンが人間の身体や考え方にどのように影響するのか随所に書かれており、自分をコントロールすることは脳をコントロールすることと等しいんだなと思った。

約2か月前

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c434039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6
ヒトは「いじめ」をやめられない

ヒトは「いじめ」をやめられない

38451cdc e56f 4314 8344 18478af54975

ちーさんぽ

いつでも活字を持ち歩きたい。

 結束力・団結力が強固な集団ほどいじめ発生リスクを孕んでいるということが、とてもわかりやすく書かれている。とくに脳の発展途上にある子供は、理性や道徳のみでは歯止めが効かず、深刻化しやすい。続く後半は具体的な対策例が挙げられている。  どうやら人は、いじめ(バッシング)によってドーパミンを放出し、快感を得ているらしい。  子供に対してはどう教え諭すか、大人の自分自身はどういう心がけが必要か、ただ「いけないこと」として言い聞かせるのでは、これまでと同じ。誰も(サイコパスは除いて)が加害者になり得る可能性があるならば、時々自分を客観的に、偏りのない視点で振り返る必要があると感じた。

12か月前

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd638c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2Ce3b56d0 18f6 46af afaa d2186d684c8a 20
キレる!

キレる!

7a3e12bb ac30 4cd6 af04 75630ec59257

acop

30代♀

怒ることはかならずしも悪いことじゃない、自分に不利益な事を言われたら怒ってもいいし、我慢しないこと、忘れないように時々見返そう。。

約1年前

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6Dbe4a261 75b3 40c4 b476 5fedcf5bd935D3579b84 acbe 4694 8ebe fdace3aba40c