Btn appstore Btn googleplay
410y40ev12l

化粧品業界の裏側で繰り広げられる働く女たちの闘い! バブル後のキャリア女性を取り巻く現実に直面し、打ちひしがれる主人公・沙美だが、自らの人生をあきら... 続き

コメント

広告代理店でAEをしている北村沙美は仕事がうまくいかなくなり、人生を考えながらのフランス旅行の真っ只中。フランスにいる友人上田加奈子のすすめで化粧品会社のエステサロンを訪れる。スタッフとうまくやりとりができず困惑していると、関係者と思しき男性が助けてくれる。その男性は、日本支社の広報担当ディレクターだった。彼との出会いが沙美の人生を大きく変えていくのだった。

キラキラとドロドロが混じり合った世界観が最高♡
キラキラしたものに囲まれて泥臭く生きていく、そんな世界線で生きてみたい
そんな風に思いました。

キラキラ世界に憧れている人にはやみつきになる作品だと思います。

読者

F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c6160167eb12196 7044 49a4 9184 ffde737461a273e4a064 7400 4434 a376 c09d434dec70Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc83b36a251 9761 4394 8ae6 f23897efe2141498b0dc a051 4b09 8860 d24f5a92ca518611261c 1ad0 4233 a307 927ad28eccc0 7人

林真理子の本

決意とリボン

決意とリボン

9805639c 282a 481a 9558 500d6aed1923

ナツメ

読書三昧はサイコー

久しぶりに手に取ってみましたが バブル時代のなごりのある書き方というか 過ごし方考え、があるものの、一般人の感覚もあり よかったです 本人のエッセイ日記みたいなもの。 本から元気が伝わってきましたがそれ以上以下でも なかった

5日前

女文士

女文士

055b7b31 1fcb 4278 9081 1b46efd7523d

milkyismamanoaji

今年で社会人5年目 2019.2…

死体蹴り。「女文士」というタイトル、というかそれ以前にこの人を題材にした本を発表した林真理子に皮肉すら感じちゃう。 2020.7.5(1周目)

3か月前

綴る女

綴る女

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

映画でしか内容の知らない作家だが、不幸な出自を題材にしながらも優れた文才のある人だったよう。読んでみようか。

4か月前

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132Icon user placeholderGqejsx n normal