Btn appstore Btn googleplay
9784065119297

「アメリカ文学界最後の秘密」と呼ばれたルシア・ベルリンの小説集を日本でついに刊行! 2013年にノーベル文学賞を受賞したアリス・マンローや、短篇の名手レ... 続き

コメント

予約中

その他のコメント

「背中に太陽を受けながら、キッチンの食卓で紅茶を飲んだ。正面ポーチに作った巣からスズメバチが入ってきめ、家の中を眠たげに飛びまわり、ぶんぶんうなりながらキッチンでゆるく輪を描いた。」

24作品の短編集。
著者の生い立ちがリアリティのある壮絶な物語を書くのか。
アルコール依存やら薬など読んでて楽しい気分にはならないけど、上に引用したような一瞬でその場に引き込まれるような文章もあり面白かった。

喪の仕事が特に好き

短編集なので、本の題名は、作品群の中の一つでいいわけだが、この題名は、衝撃的すぎるような、気がする。ボクが選ぶとすれば、「さあ土曜日だ」とするだろうな!

読者

E1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f89805639c 282a 481a 9558 500d6aed1923B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c208634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec3c0e8fdc 835d 45ec 9e4c 0a6a788bedfeB15b96a9 b51f 440f abb3 c7770404cc4b 22人

文芸

ラストスタンド 感染領域

ラストスタンド 感染領域

007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

まばらな伏線と、その回収といった終わり方だった。 前作はハラハラするような感覚があったので、次回に期待? 今度は別の世界がいいな...。

約3時間前