Btn appstore Btn googleplay
51uwyggrynl

19世紀末、パリ。浮世絵を引っさげて世界に挑んだ画商の林忠正と助手の重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、孤高の画家たる兄を支えたテオ。四... 続き

コメント

「馬鹿にされればされるほど、西洋人には引けをとるまいと、歯をくいしばって我慢し、フランス語の勉強を重ね、ルーブルへ行って片っ端から西洋絵画を見まくった。どんどん外に出て、人に会った。自分は日本という国を背負っているのだ、絶対に負けてはならぬ、と心に誓っていた。」(361ページより)

その他のコメント

ゴッホという画家の素晴らしさを確信している、弟のテオ。偉大であるゴッホを認めない世間に、苦悩するテオ。
史実であるゴッホとテオの人生に、浮世絵と日本人二人が深く関わっていく展開に惹きつけられた。
「たゆたえども沈まず」生きていくのは、天才には難しかったんだろうか。それとも、絵の中に「たゆたえども沈まず」生きているのだろうか。

読み終えてから表紙の絵を見ると、なんとも言えない余韻で、ずっと観ていられる。絵を鑑賞するって、好きな方なんだけど何かうまくできなかった。少しだけ絵の鑑賞の仕方がわかった気がした。

読者

E1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f8B8eacf07 101e 4ae4 aeb9 2eabfba46c2a35934bab d113 451f ae9a 9af0f7411caf7a8d9b9d 172b 4a9b a1da 7da3fef8e3bd6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Bdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775eE418a093 2a1a 409c 942b 5d3791930b3dIcon user placeholder 156人

原田マハの本

デトロイト美術館の奇跡

デトロイト美術館の奇跡

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

誰かが大切に思ってる絵画と思うと 見る視点がより豊かに変わってくる。   絵画の売却とは実に寂しいことだと 実体験があるから尚更

2か月前

7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892Icon user placeholderBdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775e 18
サロメ

サロメ

07df2e5b 50a5 4ca6 93e5 8147156161c0

jun

osakaJAPAN 2020…

歪んだ愛。 オスカーワイルドとビアズリーの禁断の愛と、ビアズリーと姉のメイベルの異様なほどの兄弟愛が重い。 読み進めていくうちビアズリーの挿絵にも興味が湧き、たくさん調べました。 読後、すぐにでももう一度読みたいと思った一冊

3か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 19
たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

フィクションなのだけれども、本当にゴッホの周りにこの登場人物達がいたら良いなと感じた。

5か月前

1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d288da534 a338 441b 8fd2 44bb5fdfe15e0a8059b9 46b3 447c 8827 9a40f45dd94c 11