Btn appstore Btn googleplay
51adomz2z7l

男の手土産、男のおやつ。 美味しいものにはストーリーがある。 町歩きの達人、松浦弥太郎が、長年愛してきた逸品。 東京の名店とっておき51軒。... 続き

コメント

これを読んでから、ずっと舟和の芋ようかんが食べたくて仕方ない

その他のコメント

日常をちょっとワクワクさせてくれる食べ物の写真。
どれも手頃に買えるものばかりなので、東京に行く時に参考にしたい。

そこまで言われたら一度は食べてみたくなる。散歩のおともや、お土産選びにも。

読者

7d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b39664a020f7 acf9 4e55 94a4 44c7c09841df95db8e51 2601 4c3e a38c 143244a976779b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7 4人

松浦弥太郎の本

着るもののきほん 100 LifeWearStory100

着るもののきほん 100 LifeWearStory100

3c0e8fdc 835d 45ec 9e4c 0a6a788bedfe

mikuloves_bb

出版社勤めの元編集者ですが、今は…

エッセイストの著者が描く小説としては、楽しめた。横書き、1テーマあたり3ページという区切りも読みやすい。 ニューヨークの小さい日々を切り取ったかたちで、生活を擬体験できるようなワクワク感があった。 気取った表現、重複した表現が散見され、気になるには気になるが、この本のタイトルに惹かれるような「ていねいに暮らしたい族」にはむしろ心地良いのかもしれない……。 流れや会話の端々に、矛盾や「それホント?」と首を傾げるような設定もあるが(主人公の母親が、海外旅行先では早朝と深夜に1人で散歩するのよ、と言うなど。深夜の海外を1人で歩くなんて危なすぎる……)、ご愛敬かと。 雑誌のおしゃれコラムを好んで読む人にとっては、それを一気読みできるチャンス!

8か月前

松浦弥太郎の新しいお金術

松浦弥太郎の新しいお金術

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

お金さんと仲良くなりたい。 待ってるだけじゃダメだって言われても、頑張っても報われないを繰り返されてきたらやっぱり世の中信じられなくなるし、期待できなくなる。評価されないなんて思ってるのは甘えなんだろうか。

約2年前

3acd53d0 50f4 46ba 9163 55fea05591796afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373396c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9 18
正直

正直

44e8a4e8 0245 4a26 8ce1 1885fc395341

おおたか

ことばなんて真実から遠い

人って文に出る、正直であることは怖いし尊い

2年前

D9c0ac17 abd2 4602 a322 67eecac49b87E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44