Btn appstore Btn googleplay
51zntj5x13l

美貌の資産家リネットと若き夫サイモンのハネムーンはナイル河をさかのぼる豪華客船の船上で暗転した。突然轟く一発の銃声。サイモンのかつての婚約者が銃を片手に二... 続き

コメント

ある程度読んで事件起こってまだこのページ数ある⁈って思ってたら、船の上で展開される出来事に夢中になって読んだ。

ちょうど今年の冬、映画上映されるみたいですね。

その他のコメント

伏線だらけの超ミステリー。殺人が起きるまで、かなり長いですが、とても楽しめます!

ミステリよりもラブロマンスがメインだった。心理描写が得意なクリスティぽさを感じた。失恋したときの自分を重ねたりして今も昔も人の中身は変わらないのかなと思ったりしました。とても面白かった!!!

読者

Cfc41e5f 6285 4feb a48f 1c243619c835Default profile normalE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854aE2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a729ec7b33e 47f1 459f ab9e a51413d55b3874f6ebfc f4ae 4cfe b507 f62c505c8d201dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aDf76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435 12人

アガサ・クリスティーの本

パーカー・パイン登場

パーカー・パイン登場

E7426315 6440 49a3 ba01 01595b29e392

アラアラ

ミステリー好き

久しぶりに読み直した短編集。なつかしい。 ポアロ、マープルと異なる作風。メソポタミアやナイルを読みたくなった。

約2年前

蒼ざめた馬

蒼ざめた馬

Icon user placeholder

msht.uesk

50台の不出世のサラリーマン

理想的な推理小説の一つだと思う。 事件の雰囲気に惑わされた後の、呆気ない解決。 「狡猾でズル賢いバカ」という犯人像もいい。 もっと評価されていい作品。

2年前

ゼロ時間へ

ゼロ時間へ

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

「どれもこれも出発点がまちがっている!必ず殺人が起きたところから始まる。しかし、殺人は結果なのだ。物語はそのはるか以前から始まっている」 登場人物のエピソードがまるで推理小説とは関係ないところから始まり、中盤で起こる事件。 人物の性格や、人の心理を巧みに描写しているところが面白かった

2年前

ねじれた家

ねじれた家

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

図書館メインで海外ミステリ、時代…

2019 6月 映画公開に合わせて再読 クリスティ好きと言いながら、長年読んでなかったので内容すっかり忘れてました… 昔の英国の雰囲気を存分に味わいつつ、犯人は誰なのか…クリスティを読めば読むほど当たらないと思うのは私が愚図なんでしょうか? 映画は雰囲気を楽しめる点ではGoodですが ミステリ要素は薄かったです 星3.5かな 2018年の映画、オリエント急行殺人事件のポワロが走る衝撃に比べたら…原作に忠実です 映画は原作通りがいいとは思いませんがね

約3年前

8