Btn appstore Btn googleplay
61tojti4rtl

コメント

(あらすじ)
双子の一人を、ロンドン爆破テロで亡くしたのちの、5年後のお話。

仕事を辞め、イスラム教徒を憎み、酒に溺れ、育児も家事も放棄する父親、

心の支えとなった相談相手と不倫の末、家を出る母親、

テロの全てを見ており、父親の世話と弟のケアを一手に引き受ける、双子の片割れ、14歳の姉、

学校ではイジメられ、唯一の友達がイスラム教徒の少女で、死んだ姉が飼っていた猫に慕われる、10歳の弟。

(2005年のロンドン同時爆破テロが背景。)

(感想)
10歳の少年の視点で、家の中や学校での出来事、考えたことや感じたことを、素直に描かれた作品。

『何を考えてるか分からない子ども』の内側を鮮やかに描き出してくれていて、嬉しくなった。

読者

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9

アナベル・ピッチャーの本

ケチャップ・シンドローム

ケチャップ・シンドローム

567dad9c a5eb 47f4 8521 8368605c36be

吉田ふみん

大概本好きは良き人だと思ってます…

女性独特の自己中心的な思考と思春期をとってもよく描いてて一気読みしました。意外性はないので読後感はアレ終わった、って感じでした。

約5年前