Btn appstore Btn googleplay
9784163900292

『野心のすすめ』が大ヒットした林真理子さん。『情熱大陸』のテレビカメラに追いかけられたり、ミシュランの☆総計十三個のパリ美食ツアーや音楽愛好家垂涎のバイロ... 続き

コメント

久しぶりに林真理子さんを手に取ってみましたが

バブル時代のなごりのある書き方というか

そんな過ごし方考え、があるものの、一般人の感覚もありどんな年代に向けてかいてるのかな
とおもった。

本人のエッセイ日記みたいなもの。

本からあかるさパワー元気さが伝わってきました
林さんは何冊かよむと隣りの身近な人ってかんじが
受けるのでしょうか、わかりません

読者

9805639c 282a 481a 9558 500d6aed1923Icon user placeholder

林真理子の本

甘い罠―8つの短篇小説集

甘い罠―8つの短篇小説集

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

小川洋子さんと、桐野夏生さんと、高樹のぶ子さんの話が特に気に入った。 恋愛ものの罠ばかりかと勘違いしていた。 男を老人が恐怖に包む罠もあれば、書道家を過去の因縁で陥れる罠もあれば、男女の渦巻く罠もあれば、囀るような心清らかな作家が出てくる話もある。 ジャンルの違う料理を1度に食べたような、不思議な気持ちです。

約2か月前

E458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd6d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e
コスメティック

コスメティック

7eb12196 7044 49a4 9184 ffde737461a2

えりぶー

OL

広告代理店でAEをしている北村沙美は仕事がうまくいかなくなり、人生を考えながらのフランス旅行の真っ只中。フランスにいる友人上田加奈子のすすめで化粧品会社のエステサロンを訪れる。スタッフとうまくやりとりができず困惑していると、関係者と思しき男性が助けてくれる。その男性は、日本支社の広報担当ディレクターだった。彼との出会いが沙美の人生を大きく変えていくのだった。 キラキラとドロドロが混じり合った世界観が最高♡ キラキラしたものに囲まれて泥臭く生きていく、そんな世界線で生きてみたい そんな風に思いました。 キラキラ世界に憧れている人にはやみつきになる作品だと思います。

9か月前

F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c61601673e4a064 7400 4434 a376 c09d434dec70Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8
女文士

女文士

055b7b31 1fcb 4278 9081 1b46efd7523d

milkyismamanoaji

今年で社会人5年目 2019.2…

死体蹴り。「女文士」というタイトル、というかそれ以前にこの人を題材にした本を発表した林真理子に皮肉すら感じちゃう。 2020.7.5(1周目)

10か月前