Btn appstore Btn googleplay
51wdbzjgudl

犯人が野放しになっている? 「桶川ストーカー事件」を手掛けた記者が迫る! 5人の少女が標的になった知られざる大事件。それを追う記者が直面したのは、杜撰な捜... 続き

コメント

科警研の鑑定結果とと県警の捜査結果を守るため、冤罪で逮捕した者を刑務所に閉じ込め続け、真犯人を野放しにする。法治国家ということがおこがましいレベルの問題が放置されていたとは。
二つの県警が突き止められなかった(突き止めなかった)真犯人を、一記者であった著者が突き止めたのは称賛に値しますが、この真犯人は今どうしているのか。警察庁は真犯人が死ぬまで待つ気なのでしょうか。

その他のコメント

なぜいま取り調べの可視化が叫ばれているのかがここにあります。
いまものうのうと真犯人が生きていると思うと恐ろしい。
一人でも多くの人に読んでほしい一冊。
重い内容だけどジャーナリストの方が書いているので文章はかなり読みやすく、一気に読めました。

桶川ストーカーも読んだけど、こっちはこっちで警察が保身してる。真実を捻じ曲げて、冤罪を見過ごして、その中に死刑になった人もいる。

怖いのは、捻じ曲げられるともう逃げられないほど追い込まれるっていうこと、これがノンフィクションっていうこと。

読者

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb813d85ba0 73a3 427b bff2 161d6a61c24f66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376Dd54ab0d 859d 4c65 b46c b78be6232b9b5dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f4F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Icon1324886061884 normal 32人

清水潔の本