Btn appstore Btn googleplay
519jyvwdfvl

「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給十一万二千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を... 続き

コメント

時給11万2千円。七日間観察されるだけの簡単なアルバイト。

集められた12人の男女、12の凶器、そして鍵の掛からない部屋。

米澤穂信らしい、底意地の悪さに満ちた一編。

その他のコメント

徹夜して読み進めました。
ハラハラ、ドキドキのミステリー。
映画も観ましたが、原作の方が
はるかに面白かったです。

高い時給を目的に集まった12人の男女が、閉鎖空間で過ごすことになる。そして、人を殺すと獲得給与が倍になる等のルールがあるんだから、起きちゃいますね。事件。

自分の部屋にある武器や、様々なルールをもとに戦いが起こる。結末はどんなものに!?

敵の武器や犯人の推理が楽しい作品です。

読者

1589c35b 2346 427f a44f 1b4fdff2cfd7Icon user placeholderIcon user placeholder60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8356769ac77 9def 4f72 b890 551bbd23d057Icon user placeholderIcon user placeholder9e214c83 6a82 4ea2 ae16 634119fa578b 79人

米澤穂信の本

真実の10メートル手前

真実の10メートル手前

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

太刀洗万智を主人公とした連作短編集。 時系列的には『王とサーカス』よりも前の話も入ってる。ただ、読む順番としては、 さよなら妖精 王とサーカス 真実の10メートル手前 の、順でよいかと思います。 当事者ではない人間(記者)が真実を追うことの傲慢さ、怖さ。記者としての業のようなもの。露悪的になりながらも、一線は守ろうとする太刀洗の凛とした立ち位置が印象的。

約1か月前

Ce61497f 411b 4a0d a73f e86e4452d84dIcon user placeholderPicture 53
本と鍵の季節

本と鍵の季節

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

図書委員の男子高校生2人組が本や学校生活にまつわる謎を解いていく。軽妙な会話とのんびりした図書館の雰囲気に油断していると、謎を解いてみても、まとわりつく不穏な空気にヒヤリとされられる。怖い怖い。

2か月前

90503561 25e4 408c a440 b18d2f33769dB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4Icon user placeholder 124
追想五断章

追想五断章

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

結末の伏せられた五編の短編小説を探すミステリ。 「アントワープの銃声」のモデルは「ロス疑惑」事件かな(←中高年判定リトマス紙ワード)。 バブル崩壊後の暗い世相、氷河期世代の閉塞感が色濃く反映された作品。

6か月前

Icon user placeholderDd56be2c 1bc9 4001 87d0 1b8efcf61d122a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd 12