Btn appstore Btn googleplay
9784140057063

待望の最新書き下ろし長篇小説 巧みな仕掛けとエンターテインメントの王道を 貫いたストーリーによって、 伊坂幸太郎の小説が新たな魅力を放った ノンストップ... 続き

コメント

これ、いつ描かれた作品!?
途中で思わず発行日を調べてしまうくらいリアル。

いつもの伊坂幸太郎作品に比べ、ファンタジーな要素がイラストと組み合わさり、それが伊坂ワールド独特なリアルな部分との交錯が絶妙。

「現実は、僕の触れるこの、今体感しているここだった。情報でも、ましてや夢の中でもない。」

物語の展開も、後半に向かうにつれてグングンとスピードアップ!ページをめくる手が止まらない。

伏線回収も相変わらず絶妙。
一気読み、そして読み直し間違いない!

その他のコメント

あっちの世界とこっちの世界、現実原則とファンタジーが絆的ななにかで繋がっている。

こうした物語で印象的なものは数多くある。

映画の『アバター』も文字通り宇宙生物に意識をインストール(ダウンロード?アップロード?)していたしキズナ的な感覚器官で他の宇宙生物を操っていた。

そして本好きならば(あえて文学好きとは言わないでおこう)村上春樹『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』も等しくあっち(幻想)とこっち(現実原則)を往復しつつ世界を救う的な物語だった。

古今東西、あっちとこっちを行き来しつつ世界を救う物語は沢山あるし、普遍的な集合的無意識が物語として顕れているのかもしれず、『アバター』や『ハードボイルド〜』もまた等しく匿名的で普遍的だった気もする。

東 浩紀氏曰く匿名的なセカイ系、といったところか。

では、なぜこの物語に星をつけるのか?

面白いから。

東 浩紀氏概念的なセカイ系に対してこの物語は東京、宮城という土地、日本的な男性アイドル、日本的な政策立案者(議員)、モラハラ・パワハラ・セクハラといった極めてにっぽんドメスティックな土壌・文化、そして社会を批判的に眺める眼差しがなければ楽しめない物語なのかもしれず、普遍的足りうるかというとちょっと苦しいのも欠点かもしれない。

そして犠牲を払えば多数が救えるが・・というジレンマもどこか興醒めなところもあった。

それはそれでエンターテイメントとして面白く楽しい物語だったし、そういう体験があってもいいではないか。

なによりアクションシーン(?)の描写が活字でこれだけ引き込ませるのはテンポ・語彙・文脈と鮮やかで、なるほどポンポン映画化される作家の表現とはおそろちい、と上から目線になってしまう。

この物語は、いまや古典的手法かもしれないあっち(ファンタジー)・こっち(現実原則)モノ=セカイ系(©︎東 浩紀)を伊坂幸太郎の爆発的な表現力によって陳腐さのない新鮮な体験ができる物語でした。

(アクションの描写はあとがきにも触れられていた。この本はあとがき先読み派の人もあと読みをお勧めしたいところ)

その他
『「お節介なんです。帝王切開で生まれてきたし。」』(p.100) これは普段使い出来そうなフレーズ。

『拍手とブーイング』(p367)どちらが望み?

いい意味で伊坂幸太郎らしくない本だと思います。パラレルワールドものですし、あんまり凝った伏線もありません。主人公たちにちょっと特殊な設定があるっていうところくらいが伊坂幸太郎らしい部分でしょうか。前半少し間延びしますが、後半の面白さはさすがです。トラブルに立ち向かうべきは夢の中でではなく現実においてなんだ、というところに感動しました。伊坂幸太郎って実直なんですね。

読者

010ce240 e292 49cb 972b 439fa692a5fcIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dBf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97Icon user placeholderIcon user placeholder 38人

伊坂幸太郎の本

Re-born はじまりの一歩

Re-born はじまりの一歩

Picture

にっしー

読書は心の栄養補給。

新しく何かを始めようとする人の背中をそっと押してくれるような、温かく優しさに溢れた小説がいっぱい詰まっています。 特に福田栄一先生の書かれた「あの日の20メートル」が好きです。何かを始めるのに遅すぎることはない。そして、一生懸命な生き方は人生を輝かせ、人の心をも打つ。本当に素晴らしいと思いました。

約1か月前

E28531c1 58d1 4bb3 b5d2 151d71da5de3Icon user placeholder0a669f78 a2bf 4298 9f0d 694fab3464d7
ホワイトラビット

ホワイトラビット

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2020年108冊目。楽しい。超楽しい。わくわくしながら読み切った。そういうことかーーー!!ってなるのが楽しくてやめられないから、伊坂幸太郎さん、一生本書き続けてください。なにとぞ。0703

11か月前

4611371b 40fe 41d6 ae6f dcc7779ff0e9Icon user placeholderIcon user placeholder 22
バイバイ、ブラックバード

バイバイ、ブラックバード

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

借金を重ねて〈あのバス〉で恐ろしいどこかへ連れて行かれることになった星野一彦。彼は怪物のような巨体で常に他人に悪態をつく女性繭美とともに、交際する5人の女性に別れを告げに行く・・・という話。 登場人物の誰もがキャラクターが立っている。 主人公の星野は悪びれもせず五股をかける最低の男のはずなのに、馬鹿正直で何故か憎めない。そして5人の女性は怪盗の真似事をする突拍子のないところがあったり、冷静な女優なのにどこかズレたユーモアがあったり、どの女性も素敵だ(星野が惹かれたのも頷ける)。 そして繭美も性格が悪いだけの女ではなく、星野と関わっていく中で少しずつ心境の変化がしていく。だからこそラストでいい味が出ている。 6本の短編からなるが、自分としては「パン」になりたかった、という下りが1番感動した。 全ての登場人物への愛を感じる面白い小説だった。

12か月前

Icon user placeholder9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d 15
オー!ファーザー

オー!ファーザー

057d454f dd1f 452e b80a 120b362122b7

SaI

アプリ登録したばかりの初心者です…

すごく面白かった!最初から最後まで読むの止まらなくなりました。個性的な登場人物たちのやりとりや、様々な謎のピース。最後はあぁー、ここに伏線あったのかと伊坂幸太郎ワールドのどっぷりとハマりました! 父親が4人とか、高校生の男の子グレるじゃない?とあらすじだけ読んだ時思ったが、個性的でありながらも息子思い(子離れできない?)の父親に囲まれてすこし鬱陶しいと思いながらも何だかんだ父親たちが好きな由紀夫にすこしほっこりとした気持ちになります。 個性的な登場人物のテンポのいい会話はの楽しさはミステリー要素もあり面白い小説ですので是非とも読んでほしいと思います!!

約1年前

Icon user placeholderUpfdb05g normalAaf3a5a9 1641 4c32 84cb 16e7f9edc36b 30