Btn appstore Btn googleplay
51svcwhomzl

広告は社会のために何ができるか。 ソーシャルプロジェクトの経験と、 広告の最前線で活躍する12名のクリエイターとの対話から、 ヒト・モノ・コトをつなげる... 続き

コメント

やっぱりいい考え方を持っている人だなぁ、と改めて思う。文中の中に出てくる対談の皆さんの示唆もさすが!5年前でも色褪せない。例えば、42,43のさとなおさんの言葉。手間をかけて、小さくも信頼出来る人たちからのクチコミの方がゆっくりではあるが、しっかりと伝わる。本来あるべき人と人とのコミュニケーションのカタチが、今のコロナ禍で、失われた価値が戻ってくるように思った。

また、並河さんがいうように、いいことを言うのではなく、いい行動をして、それに参加出来る仕組みを作る。みんなが主語になれる場所や仕組みづくりが本当に大切だと思う。

自分たちで完璧なものを作り上げるより、他者の参加でものづくりに挑戦する方が遥かに時間も手間も体力もかかるものです。でも、今はその手間が必要な気がしてならない。

松倉さんの話に出てくるpeople as mediaは、まさに今の時代にピッタリ。

自分のモチベーションは、自分のために、ではなくて、誰かのために、社会のために。でも、それを偽善という人たちもいる。それでも、箭内道彦さんは、だからこそ、やめるわけにはいかなくなる、と言っている。同じ感覚の人がいると分かって、モチベーションは人それぞれでいいんだと思った。

他にも「異なる意見の間にある問題をちゃんと顕在化し、橋渡しができること」は共感の幅の広さだと箭内道彦さんは言う。その役割なら担えるかもしれない。やっぱり、言葉を武器にする人たちの言葉の威力は計り知れない。私は広告を作る人ではないけれど、言葉と態度、どちらもピタッと重なり合う、そんな仕事を2021年はやり抜きたい。

2021.01.05

その他のコメント

こういうことがしたくて、この業界に入った!"クラウドトレード"をたくさん創り出したい。

読者

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47948373c472 3a52 4329 b64c 768691df82be08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c42a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed48a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe117D4eb5dc9 cf44 4e15 9147 424831770d7003e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200 8人

並河進の本