Btn appstore Btn googleplay
51miwdfixxl

なんでおまえはボクシングやってんの? 青春小説の新鋭が放つ渾身の一撃。デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。当たったかもしれないパンチ、これをしておけ... 続き

コメント

試合前のボクサーの心理。
減量の飢餓。

戦いを仕事にするって本当に大変だろう。

しかし、考えすぎの拗らせすぎで
単純な私には理解不能。
読んだものの真意は掴めず。
うーむ。芥川賞。

その他のコメント

町屋良平の短く、ハイジーンな文体が相まって、意識が積分されていく。意識の素子があるなんて、知らなかった。伝えたいことより、書きたいことを見出してあげたいと思う作家は少ない気がするけど、解釈が作家を侵してるご時世に、町屋良平という作家は尊い。そう感じた。

「ぼく」は自重でやられるタイプ。可哀想かな、理性を、悟性を、生み出したときから主従が逆転し、果ては動物的な本能を飼い慣らすまでになってしまった。でも、そういうひとが僕は好きだし、そういう不器用で臆病なひとでありたいとすら思う。

この小説が「関係性」についての話だと、僕は町屋良平の言葉ひとつひとつから、それもいやいやながら、意味付けした。「人間(じんかん)」にいるものとして、その関係性がいびつで敵を親友とする「誤爆」が起こる。

でも「ぼく」は全く変人なんかじゃない。なんだかんだ、みんな実はとてもいびつな関係の中で生きているということを示している、もとい、思い出させてくれる。

キューバ危機でケネディがフルシチョフの寝顔を想像するように、桑名の息子が「95%兄弟ではない!という結果でした、、でもこれで終わりと思うとさみしい」とかツイートするように。そんないびつな関係に横たわる愛憎憎しを描いてくれた作品で、作家同様、この作品も尊いと思う。

2019年109冊目。

読者

Icon user placeholder43bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1aIcon user placeholder217f198e fa1b 4762 a43f 418c319918289a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa354764551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af99a156a0 6b1d 43e9 8e74 abefd530645d00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10 54人

町屋良平の本

青が破れる

青が破れる

F28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a

よりこ

本の虫って程では無いけど、 おも…

今までボクシングとか、倒したら勝ち、みたいなん理解できんかったけど、なんか今まで無くならずにある理由とか、スポーツと生と死との関連性が分かった気がする。

約4年前

C4e0f889 81d4 4002 9009 452bb68478a2F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0