Btn appstore Btn googleplay
51umrbinbel

あなたの旅に、幸多かれ 青いスーツケースが運ぶ"新しい私”との出会い。 心にふわっと風が吹く、温もりと幸せをつなぐ物語。 続き

コメント

ふと立ち寄った岩見沢の綺麗な図書館で一気に読みました。 とても読みやすくて、気持ちが前向きになれました。 落ち込んだ時は、もう一度読みたくなる本です。

その他のコメント

読後感良し。旅に出たくなる!
短編集ながらテーマも内容も一貫性があって読みやすい。

短編集だが、それぞれの話が心地よいストーリーで、全ての話に関係性がある。短編集が大きな1話の話を作り上げている本。
人の気持ちを一歩前に進める瞬間を見られる。一歩踏み出すきっかけは簡単なことなのに、自分のこととなると難しいですね。
そんな思いの背中を押してくれる1冊でした。

読者

E28531c1 58d1 4bb3 b5d2 151d71da5de33c9bb604 d0d2 40e4 846e dbdcb711024fCbe4537b 81b6 402b 9c03 6d41bfb1f9d2Icon user placeholder9b56c0f5 39c2 4eb0 9276 ca012daa2544Bdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775eGqejsx n normal4dc48445 e300 4859 bb9a c9437a47f321 35人

近藤史恵の本

みかんとひよどり

みかんとひよどり

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本とビン…

タイトルと表紙に惹かれて購入。京都のフレンチレストランのシェフが物語の主人公。ある日愛犬ピリカと山に野禽の狩猟に出かけ遭難しかけたところを猟師の男に助けられたところから物語が始まる。主人公は35歳、猟師の男もほぼ同じ年という設定なのだが、最初の頃はずっと年上の中年の男を想像して読んでいた。主人公のシェフは地元の人間ではない設定なのでそこはいいとしても、物語の舞台は京都なのに登場人物は誰一人関西弁? を話さない。そこに代表されるように、登場人物一人一人の背景があまり深く描かれていない気がする。特に猟師の男。なぜ一人、山奥に暮らし、狩猟を生業としたのか。一応サラッとは触れてはあるのだが、もっともっと深くえぐってほしかった。全体的に物語に厚みが感じられないのだ。できれば、そこら辺を続編(が出ればの話だが)で描いてほしい。とはいえ、物語に登場するジビエ料理にはそそられる。以前からジビエに興味があったので、これを機に一度食べに行ってみようと思う。それと著者の「タルト・タタンの夢」がずっとKindleの中で眠っているので、これも読んでみようと思った。

約2年前

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
アンソロジー 捨てる

アンソロジー 捨てる

F7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64d

福猫

本好き、猫好き よろしくお願いし…

貴方には捨てたいものがありますか? あります。誰の心の中にもありますよね? 怖くて、面白くて、ゾクゾクします。

2年前