Btn appstore Btn googleplay
9784098254002 1 2

人生の攻略難易度はここまで上がった。 〈きらびやかな世界のなかで、「社会的・経済的に成功し、評判と性愛を獲得する」という困難なゲーム(無理ゲー)をた... 続き

コメント

みんなで大変にしてる。

その他のコメント

「誰もが自分らしく生きる」世界は、自己責任を問われる世界でもある。

人種や性別による差別が良くないこととされている現在では、能力による新たな差別が生まれている。

リベラルな世の中になればなるほど格差は広がる。これといった対策は示されず、より無常感を誘う一冊。

橘玲は、個人的にはDaiGoと同じ属性の作家だと思っていて、基本的には既にある情報を寄せ集めてきて、いい感じにコラージュして持論のように見せてくるのが上手いヒト。セルフプロデュースに長けてる感じ。

タイトルの付け方とか、不安の煽り方が上手い。

読者

Icon user placeholderCc395393 9fc3 4ebb 99bc be20c07e6fb960729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835Picture5a1780f9 adda 4530 969c d2bf5236c9132d5e4841 5e82 4746 a20b 85b0ee3af334B3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8ePicture 18人

橘玲の本

上級国民/下級国民

上級国民/下級国民

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

・マジョリティである団塊の世代が、他の世代の富を奪っている ・モテ非モテによる性愛の格差 ・誰もが自己実現出来る世界は、能力主義の裏返し 三つの要素が、世界中で分断を作っている タイトルは、内容とあまり合ってない印象。 橘さんの本は、良くも悪くも売るためのマーケティングが上手い。

1年前

16