Btn appstore Btn googleplay
9784103544913

シンプル礼賛の時代に、シンプルになれないこころで生きる全ての人へ。どこでも、誰とでもつながれる時代。なのに、どうしようもなく「ひとりぼっち」だと感じるのは... 続き

コメント

自分の心がわからなくなったとき、スピリチュアルに走らずにこの本を読んで欲しい。

読者

E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6E2656483 022f 4cf7 829b ebd58d7e3c8f8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6Icon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c94c5117c1 f31d 4270 9941 a4a8ec573e28Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176 7人

東畑開人の本

居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書

居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

ケアとセラピーの違いについて、著者の経験に添いながらデイケアの日常について描かれている。 物語の舞台は福祉ではあるが、誰にでも当てはまり、自分のこととして考えて行けるような内容になっている。物語として読め、なにより文章が面白い。笑いながら読みすすめられる。 物語の後半になると、ケアにかかわる仕事に就いた経験がある人なら、誰でも一度は考えたことがあるであろう問題(不安や葛藤)が描かれている。 面白い本だった。 ケアについての深い部分を一緒に考えてくれるようなありがたい本だった。

約3年前

72